タブラ女子の日記ですよ。

タブラ女子・池田絢子の日記ですよ。
毎年冬の間は、カルカッタでカレーまみれ生活。

ものコト市でした。

2017年10月09日 | おしらせ
7日(土)は、牛嶋神社・すみだ川ものコト市
シタールの むとさんと一緒に演奏してきましたよー。

お天気が心配だったけんど、雨上がってよかったよかったな!
原田さんのスティールパンが、すてきであったな!




会場に、ほくさい音楽博の でっかいパネルが出とったよワオ!



わたくしが描いたイラストがこんな立派にアレしてもらっておる・・・
うれしいなえへえへ。。。





さて、アレ。

むとさんとは、今月あと2回ご一緒ライブがあるんだお。

14日(土) 門前仲町・chaabee
28日(土) 西荻窪・音や金時

で、アレします。


先日、むとさんと練習してもらったんだけんど、またまた梨をごちそうになったお。




あの人こそ、梨長者よ。



で、

14日は、アレ。
北インド古典音楽のレクチャーライブなのです。


● インド音楽って、一曲がどえらい長いなー何が起こってるのかなー
● 謎のタイミングで演奏者がニヤニヤしてるけど、アレなんでなの
● 何拍子なのかしらねコレ


とかなんとかまあ、他にもいろいろ、
仕組みやら聴き所が謎なインド音楽を、わかりやすく解説・実演しますよー。



そして、28日はアレ。
北インドのシタールとタブラ + 南インドのムリダンガムとモールシン
を、できるだけファンシーに まぜまぜする、チャレンジ企画。



たのしいお!
インド音楽、たのしいもんだおー!


みなさま、おぜひ。

きてねワオ!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年10月14日(土)

◆◆ レクチャー&ライブ:北インド古典音楽の楽しみ方がわかる解説付き! ◆◆




北インド音楽の基本的な仕組みや面白さを優しく解説してくれます。
インド音楽に興味はあるけど複雑で難しい・・と思っている方にもおススメのライブです。


【時間】 18:00開場 / 18:30開演

【会場】 Chaabee(東京都江東区福住1-11-11)

【出演】 武藤景介(シタール)  池田絢子(タブラ)

【チャージ】 2000円+要1ドリンクオーダー

【詳細】 facebookイベントページ

-----------------------------------

《出演者プロフィール》

● 武藤景介 (シタール)



1999年よりインドへ渡り、Pt.Manilal Nagに師事。
2001年にカルカッタで開催された、ソルトレイク・ミュージック・コンファレンスに出演し、以降演奏活動を開始。カルティエ等のイベントの出演や、シタールのレクチャーコンサートを開催。HIFANAやASA-CHANG&巡礼のCDに参加。
2013年にアルバム『SAMADHI』をリリース。
2016年よりPt.Purbayan Chatterjeeに師事。
東京在住。
ウェブサイト : http://home.k06.itscom.net/kkmuto/



● 池田絢子(タブラ)




わたくし。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2017年10月28日(土)

◆◆ シタールとモールシンとムリダンガムとタブラと Vol.2 ◆◆



北インドのファンシーな弦楽器・シタールと
南インドのファンシーな口琴・モールシンと
北インドのファンシーな太鼓・タブラと
南インドのファンシーな太鼓・ムリダンガムが

大集合して、ゆかいなインド音楽ライブだワーオワオ★

みなさまおぜひ!
遊びにきてねワオ!



【時間】 18時半・開場 / 19時半・開演

【会場】 音や金時 (東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)

【出演】 武藤景介(シタール)  竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)
     池田絢子(タブラ)

【チャージ】 2700円  ※予約不要

【詳細】 facebookイベントページ


-----------------------------------

《出演者プロフィール》

● 武藤景介 (シタール)



1999年よりインドへ渡り、Pt.Manilal Nagに師事。
2001年にカルカッタで開催された、ソルトレイク・ミュージック・コンファレンスに出演し、以降演奏活動を開始。カルティエ等のイベントの出演や、シタールのレクチャーコンサートを開催。HIFANAやASA-CHANG&巡礼のCDに参加。
2013年にアルバム『SAMADHI』をリリース。
2016年よりPt.Purbayan Chatterjeeに師事。
東京在住。
ウェブサイト : http://home.k06.itscom.net/kkmuto/




● 竹原幸一(ムリダンガム、モールシン)



2003年よりインドと日本を往復しながら、継続的にPadma Bhushan T.H.Vikku Vinayakram氏にカルナータカ音楽の理論及び演奏法を師事。
また師の監督のもと、兄弟子にあたるN.Ramakrishnan氏よりムリダンガムの演奏法、R.Raman氏よりモールシンの演奏法の指導を受ける。
2007年、音楽学校Sri Jaya Ganesh Tala Vadya Vidyalayaのモールシンコースを優秀な成績で卒業。以来、ヴァイオリン奏者Prof.T.N.Krishnan氏やダンサーShobana氏の伴奏をはじめ、日印両国で演奏経験を積む。
2016年、師の監督の下、東京にてVinayakram School of South Indian Percussionを開設。




● 池田絢子(タブラ)




わたくし。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三渓園 観月会。 | トップ | インド音楽レクチャーライブ... »
最近の画像もっと見る