お掃除そすて日々のこと

頑張らないお掃除。
頑張らない人生。

かえる

2017年08月12日 | 食事制限れすか

安心ってね、人をかえる。

変わりたくなくても変えてしまう。

もちろんそれは
良いことなんだけど。
ちょっと不便な面もできてしまう。

それは
新しい領域へ踏み出せなくなってしまうってこと。
もちろん
安心の上に積み上げて
新たなことを開発していくってのもあるかもしれないが。

その場合、いつもいつも
意識のなかには
安心がある。
安心に頼ってしまう。
戻れるところがあるって思ってしまう。
それは
突き抜けられないってことに
なってしまう。

生き方は人それぞれで。
誰にも強制されるべきじゃない。
義務はあるけれど。

ひとりの小さな人間が
負える責任なんて
たかが知れてる。

最近、一線は超えていないとか
そういう言い訳がブームなんだろか。

一線を越えていなければ
そこまでに至る
キモチ、カラダの変化は許されるのだろうか。

甘えたかったっていう
手つなぎは、まだましなのだろうか。

そもそも
人は理性でどこまで気持ちにフタをできるんだろう。

手はつないでいない。
どこにも触れていない。
でも
ずっと忘れられなかったら。
意識の底でずっと想っていたら。
果たしてそれは
もう一方のパートナーに対して
罪を犯していないって
言えるのだろうか。

カラダも距離も離れていても
心が寄り添ってしまったら
別な意味でオシマイなのではないだろうか。

そして
それは誰にでも起こり得ることで。
そうそう、全てのことに責任なんて
とれないのだから。

なんて風に考えていくと
人生の中で
途中で気持ちがもっていかれる人を
十把ひとからげに
叩けないような気がしてしまう。

肯定はしないけれど
全否定もできないような気がする。


ただ。
そこに、悪があるとすれば。
それは。
安心の座布団の上に胡坐をかいて
つま先だけでちょっかいを出す行為なのではないかしらん。

色んなものを捨てる覚悟もないくせに
捨ててもいいって勢いで
進んでしまう人なのではないかしらね。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知り合いが | トップ | 盆まっさかり »
最近の画像もっと見る