ayami yasuyho

performance group "ayami yasuyho" 's blog

passion of process

2016-10-11 11:50:03 | 思うこと

broken engrish is below.

 

さらば宇宙戦艦ヤマト』と『銀河鉄道999』をTSUTAYAで借りて観ました。『さらば宇宙戦艦ヤマト』の方は子供の頃映画館まで行って観ました。

ものすごい力作で、大人の本気というものをビシビシ感じました。「男というものは」とか、「人間はなんのために生きるのか」という重いテーマを扱っていて、作り手が言いたい事を明確に伝えている、本気のアニメといった作品でした。もちろん感動しました。

 

そして神戸アートビレッジで、『ラサへの歩き方』も観ました。特にものすごい展開がある映画ではありません。ただチベットの小さな村の住人が五体投地で2400キロ歩いていくという映画です。しかし登場人物たちの宗教や生きることに対する真摯な向き合い方に殴られたようなインパクトがありました。ズルをせず、ひたすら五体投地する。その過程が問題なのであって、結果は問題ではない。厳然なその自分自身や信仰への向き合うことは自分を含め、少なくとも高度な文明を持つ国ではなかなかできないことだと思います。結果を出す事や、金銭に関わる事が生きる関心事になってしまっている私たちには、とても足りないあり方だと思います。

 

コミスタ神戸で今月5日まで、新井栄司さんの東北の震災を撮った写真展がありました。心の中にだんだん染みてくる作品が展示されていました。わかりやすい地震や津波の被害を受けた情景のみを撮った写真ではなく、そこにあったのは人の気持ちが含まれた写真の数々でした。人の肉声も綴じられたような画面は、じんわりと心に入っていきました。人の気持ちや思いは言語化できないものが多くあります。「悲しい」とか「つらい」とかは自分の思いのとりあえずの看板みたいなもので、その実体は言い表せません。新井さんの写真は言葉では言い切れない人の気持ちのある部分を表せていたように思います。コミスタでの展示は終わりましたが、写真展がお近くであればぜひ観にいってください。

 

結果を出す情熱だけが素晴らしいのではなく、結果に至る過程に対して情熱を傾ける事はとても大事です。

 

 

 

I saw borrowed anime movie "Arrivederci Yamato" and "Galaxy Express 999" in TSUTAYA. I watched the movie "Arrivederci Yamato" when I was child.

There was a great piece to feel strongly the adult serious. These works have dealt a heavy theme of "what should be do of way in man life" and "what is the reason for human being to live" These serious animated film have maker's  belief. Of course I was impressed.

And I watched "Ihasa" in KOBE ART VILLEGE. In particular, there is no expansion. But the movie that a small village of the inhabitants of Tibet walked up to 2400km destination of Lhasa.

There characters who are facting sincere against religion and live. Without the nozzie, to single-mindedly Wutitoudi. The process is important. The result is not a problem. to face in themselves and faith, it can not be easily to us with a high degree of civilization.

We has become a concern to live that deliver results and involved in the money. Thing to take care of the process from the faith, we do not have enough.

Photo exhibition of Northeast of earthquake that Eiji Arai took, there was in Komisuta KOBE until this month 5 days. It was gradually stain to come work in the mind. Not a scene that damaged by the earthquake and tsunami, was the photo that contains the feeling of the people.

Real voice of people was also a photo. Human feeling can not verbalized. Also can be referred to as a "sad" or "painful", it can not be the entity express. Arai's photos of the indescribably's feeling were reflected in the photograph. It is recommended that you go to all means if there is Arai's photo exhibition.

 

Only passion that get results is not wonderful, it is very important that a passion for the process leading to the results.

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ayami live 0202 2016 | トップ | Proto Type 1 movie »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL