ayami yasuyho

performance group "ayami yasuyho" 's blog

LIVE at Galerie Tzigane

2017-05-12 14:38:30 | LIVE

 

5月5日はギャルリー チガーヌでのライヴで演奏しました。

PAさんがいない場所でのきちんとしたライヴははじめてだったので、音量的にもう少し大きめでもよかったかもしれません。

当日の曲は、ワークショップの合間をぬって準備しました。

演奏するにあたっていろいろと自分なりに研究している中、奔放でノリのあるとても強烈な作品をつくる中国の現代作曲家、タン・ドゥンを聴く機会がありました。彼の音楽は強く自由な音楽で、聴いているうちに僕ももっと自由に演奏したいとそそられました。

そうして生まれた音楽は、針の音を太鼓のリズムのように刻んでうねらせていきました。生き物のような音楽。単純ではなく複雑でパターン化されない音楽。

まだまだ表現するには物足りない気もしましたのでさらに練って生き物のような演奏を次回お魅せいたします。

 

先日ギターも購入し、新たなサンプルを作りつつ、パフォーマンス作品も平行して制作しています。

作品を通じて皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

 

明日はワークショップです。雨が降るようですが、気をつけてお越し下さい。

 

 

On May 5th I played live at Galerie Tzigane.

I was first time to have a live without PA. The volume may have been a little bigger.

I prepared song of the day by preparing for workshop preparation. Istudied various music before playing. I listened to Tang Dun, a comtemporary Chinese composer who is making very intense and nostalgic works. His music was strong and free, I want to play freely.

My played muisc that was born then carved the sound of the needle like a drum rhythm and swelled. Music like a living things, Not simple, it was complex and unpatterned music.

I also felt unsatisfactory to express yet, so I'll fascinate next time to play like a living creature music.

I bought new guiter, I 'll make a new music and new performance music also.

I'm looking forward to seeing you all through the work.

Tomorrow is Body & Kokyu WS. It will rain tomorrow, but please be careful.

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Body & Kokyu Workshop 5月 ... | トップ | proto type solo×solo Kyoto »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL