眺めのいい部屋から   

 窓から見える空と四季のうつろい
  そして昭和を振りかえる
 

図書館も遠くなりにけり

2017-07-14 | 身辺雑記
 今は便利になり、欲しい本はAmazonで注文すれば、
1~2日で家まで届けてくれる。

 でも、これは目的があって探す場合に限る。

 本屋をぶらついて、あ、これ、と手にした本。
 なんの先入観もなく背表紙買いした本が当たりだったりする楽しみはなくなった。
 フリーマントルの『別れを告げに来た男』や
『アルジャーノンに花束を』は平積みでもあり、大当たり!

 図書館でもそう。
 以前住んでいた所は目の前にコミュ二ティ会館があり、その一室が図書室だったから、冊数は大したことなかった。でも、ぶらつきながら、あ、これ、なんて借りた本が、『ワイルドスワン』や『上海の長い夜』だった。
 当時は中国のチの字も興味がなく、コーセーだかコーエーヘイだかが何か、も知らなかった。
 この上下4冊で、はじめて文化大革命の恐ろしさを知った。

 また、そのころ隣りの駅に元都立を区立にしたから、古いけれど大きな図書館があり、よく途中下車して借りたものだ。
 デュ・モーリアなんて古い本も揃っていた。

 新しい図書館が近くにできたりし、あちらでもこちらでも借りまくり、返すときに別の図書館の返却口に突っ込んで……。
 電話して慌てて、また電車に乗って返して?もらったりもした。


 
 
 今の所も、通りの向こう側、この写真の先の低い建物が、わが書斎であった。
 向かい側にあたる西洋長屋がリニューアルされていた。
 こんなにきれいだったっけ?
 この写真は今年の5月末、端まで歩けそうになかった。
 
 大したものはなく、一度原爆のことを調べようとしたら、それに関する本はたったの15~16冊。
 それでも、ここしかないからよく足を運んだ。
 腰のせいで持ち歩けなくなってから、ショッピングカートを引っ張りながら行ったものだ。

 それすらできなくなってから3年は経つだろうか。
 本をパラパラめくり、物色しながら立ち止まっているのが苦痛になったのだ。
 カートを引きながらの歩行もできなくなった。

 

 
 孫が小さいうちは、ここの滑り台へ連れてきたけれど、カラフルになっている。


 
 そう、ここにも門灯があった。気づかなかった。


 2年前にノーベル文学賞を読もうと目標を立て、新しいほうから10冊以上は読んだが、感想が書けなくなった。
 若いころにロマン・ローランだの、スタンダールだの、文学作品ばかり読んだから、もういいじゃないか。

 それにブログでたくさんの素敵な友人たちに出会えた。
 だんだん動けなくなる私にも、話し相手ができたのだ。
 いつまで続けられるだろう、なんて、考えるのはおやめ!


 ← ツイートは左側、
  プロフィール写真、窓の下の鳩マークをクリック

 下の写真はおまけ。毎年咲いている。


ジャンル:
その他
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心に残る中国 | トップ | 神保町さくら通り »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (emu)
2017-07-14 20:05:21
今は本当に便利な時代になりましたね。
本を読むということが出来なくなって長いのですが、
良く図書館で絵本を借りてきては見てました。

私ね、ナビに入会して、つゆさんに出会えて良かったです。
この年齢になって新しい出会いはうれしいです。
ドジな私ですが、これからもよろしくです(#^.^#)
emuさんへ (つゆ)
2017-07-14 20:29:14
そうですね、読書って、結構エネルギーが要るものだと、最近思います、精神的にも、肉体的にも。

こちらこそ、お知り合いになれてよかったぁ〜あんまり健康でビンビンの人だと、アタシ、僻んじゃうもの。
これからも、よろしくね。
図書館 (ミルフィーユ)
2017-07-14 22:22:28
図書館や本屋さんって、つい長居しますね。
近くだったらそんな便利な事無いですね。
つゆさんの博学は読書量イコールですね。

私は最近根気が無くなり、遠ざかっています。

でも、素敵な図書館を見つけてしまったので
行ってみようと思っています。
遠いけれど、返す時は我が町の図書館で出来るので。

つゆさん、今が一番、私もそう思って自分を慰めています(*'▽')


ミルフィーユさんへ (つゆ)
2017-07-15 09:28:45
おはようございます。
ほんと、根気がなくなりました。
物理的にも同じ姿勢を取り続けるのがつらくて、集中できないし……。

テレビも同じで、2時間の映画などは、途中で2回ぐらい休憩を入れないとダメですね。
もっとも、これは個人的な病いと年齢によるものですが。

世の中も、災害やらなにやら落ち着きませんね。

素敵な図書館とか、今はなんとかカフェとか、気軽に行けるところがあるそうですね。
それに、便利になって、返すときあ近くで返せるというのもいいですね。


Unknown (みのり)
2017-07-15 10:32:27
つゆさん

 図書館も遠くて
返却もたいへんですから
必要な時にのみ出かけます。
みのりさんへ (つゆ)
2017-07-15 11:38:20
みのりさんは、作るのにお忙しいでしょう。
毎日、違ったものを拝見して、
どうして、こんなにたくさんできるのだろうと、
不思議に思っています。
細かい作業ばかりなのに。

そう言えば、子どもが小さいころは、編み物、織物、アップリケなどしていたころは、ほとんど本は読んでいませんでした。
知識 (とんちゃん)
2017-07-15 15:57:24
こんにちは~(^^♪
つゆさんの豊富な知識や鋭い見識はしっかり本を読んでいらっしゃるのだな~と納得しました。
私の住んでいる小さな田舎町にも昨年新しい図書館が出来て沢山の人が行くようになりました。
郷土出身の人形師「竹田喜之助」の人形を展示したり人形劇を上演できる小さなホールもあって人気です。
私は本がお守りのような気持ちもあって、ついつい買ってしまって並べていますが、そろそろ断捨離ですね~
とんちゃんさんへ (つゆ)
2017-07-15 16:22:57
はじめまして~
新しい図書館ができて、よかったですね。
昔、多摩地区の田舎にいたころ、移動図書館というのが車でやってきて、それが、とても楽しみでした。

そのころ、文学全集など古本屋さんに来てもらったら、ソファベッドが買えました!

今は二束三文どころか、断捨離も難しいですね。
神田の古本屋街を歩きまわって買った本など、始末できません。
場所ふさぎなんですけれど。
本との出合い (とみちゃんくん)
2017-07-15 17:12:24
本屋に行くと、必ず引き寄せられる様に見てしまう本があります。その時、衝動買いしないと一生読まない本になる事が多いです。後日買おうと思って買ったためしなし。タイトルも忘れてしまって・・・。だから、気に入ったらなるべくその時買うようにしています。
図書館 (風華)
2017-07-15 17:15:31
こんにちは。

図書館は大好きです。
本が並んだ あの空間になぜか癒されます。
読みたい本は図書カードで自動貸出機を通し借りるのです。
出向く手間を省くには図書館のHP検索でみつけ予約すると
後日、貸し出し可能か、順番待ちかメールで連絡来ます。

最近は一冊の本を読みきるのに時間がかかるようになり、歳を実感します。

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事