goo

フランスの有権者の82パーセントは不利ドナルド・トランプ表示:投票

フランスの有権者の82パーセントは不利ドナルド・トランプ表示:投票

2017年5月4日午後08時19分
 

 

米大統領ドナルド・トランプフランスの有権者の間で任意の外国人指導者の最高の不利な評価を持って、新しいサフォーク大学の世論調査は示しました。

木曜日に発表の世論調査は、フランスの有権者の82パーセントが不利にトランプを見ることがわかりました。彼の前の相手バラック・オバマ90%近く好調で、かなり良く見られた一方で、これがあり 、同じ回答者の評価。

調査では、70.9パーセント不利な評価とロシアのプーチン大統領より低い点でトランプを置きます。

フランスの大統領候補マリーヌ・ル・ペンは、トランプからの支援を受けています。共和党の大統領は先に、先月1回目の投票の、「最強」の境界線の候補と、「何がフランスで起こっているされています」彼女を呼びました。

一方、元大統領オバマは、ルペンの先に日曜日の第二ラウンドのライバル、エマニュエル・マクロン、実行オフ選挙を承認しました。

世論調査ではまた、調査に含まフランスの大統領のために、すべての候補者は、フランスの有権者によって不利に視聴されたことを発表しました。そして、最悪の評価は、71.4パーセントが不利な彼を見て、現在の社長、フランソワ・オランドに捧げられました

1094人のフランスの有権者は4月28日から5月1日を除くサフォークの世論調査による5月2日に調査した、そしてその結果は誤差の3ポイントのマージンを持っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イエメン戦争... 少なくとも89... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。