goo

米国、モスル解放活動の主要な敗者:Borojerdi


(/・ω・)/ファイト!! イラン


イランの上級議員は、イラクのモスル市をDaesh Takfiriテロリストのグループから奪還し、米国とその同盟国を解放キャンペーンの主な敗者と位置づけた。

イラン議会の国家安全保障外交委員会委員長は、イラクの国家、軍隊、シリア大統領のグランド・アヤトーラー・アリ・システィニ大統領、そして一般に知られている民衆動員部隊(PMU)を祝福したハシュト・アル・シャアビ(Hashd al-Sha'abi)として、モスルの解放の上で。

イラクのテロリズムを根絶する努力の中で、この復興を「過去数年間に行われた最大の措置」と表現しているボルウジディ氏は、「モスルの解放の主な敗者は米国とその地域および欧州の同盟国だった」と述べた。

シニアMPはさらに、米国とその同盟国は、タクフィリの代理を通じてイラクを崩壊させ、その後、アラブ諸国でダシェのルールを使って政策を進める計画を立てていたと述べた。

しかし、テー・グループの崩壊は「米国とシオニスト派の敗北を意味する」と付け加えた。

モスルの失敗で、アメリカ人は、もはや、彼らの不吉な陰謀をこの地域ではもはや実行できないとの結論に達したと付け加えた。

Boroujerdiはまた、イスラム共和国のイスラム共和国にとって、モスルの解放を「非常に重要な」勝利と呼び、イラクとシリアの各国がテロ集団との闘いを支援している。

SS

2017年7月15日13:07 UTC
         
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イランの報道... イエメン:起... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。