goo

シリア軍に対する複数の領域エンドバトルで過激派

2017年3月7日
 
シリア軍に対する複数の領域エンドバトルで過激派
 
テヘラン(FNA) - 以上の領域内の過激派は、関連当局に彼らの腕を手渡し、最後の24時間以内にシリア政府との和平協定に参加している、シリアのためのロシア調整センターが発表しました。

「より多くの地域で武装勢力の代表者が過去24時間以内にダマスカス政府との和平協定を結んでいる、「ロシアの中央には、これまでに全国の和解プロセススタンドに参加している地域、町、集落や村の総数」、付け加えました1317で。」

ロシアの中央には、121のグループは、これまでSyrain政府と軍との和平協定に参加していると付け加えました。

2月には、シリア大統領アサドは降伏し、6月末まで、彼らの武器を引き渡す過激派のための恩赦に法令を拡張しました。

2016年7月28日付けの政令2016分の15は、状態報道機関の報告書によると、2017年6月30日まで、大統領アサドによって拡張されました。

上記の順序は、最初に3ヶ月の期間のために発行され、2016年10月27日に同期間のために延長しました。恩赦はまた、彼らの人質を解放することに同意するものと誘拐犯をカバーしています。

2011年以来、シリアはアル=ヌスラ戦線(もファタハアル・シャムフロントとして知られている)とISILを含む多数の過激派やテロリスト集団と戦う政府軍と、対テロ戦争に従事されています。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍は東... シリア軍激化... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。