goo

イラク軍、シリアとの国境での駐留軍の地位に対するISILの攻撃を控える

イラク軍、シリアとの国境での駐留軍の地位に対するISILの攻撃を控える

2017年7月13日9時42分
 

 

イラク軍は、ハシュド・アル・シャビのボランティア軍と共に、先制攻撃を行い、オールドモスル地区で多数の爆発物を積んだ車両と即発爆弾を押収し、シリアとの国境にある政府軍。

イラク北西部の治安筋は、イラク兵とハシュド・アル・シャビが、モスル近郊のISILの爆弾製造工場を管理し、LC4爆発物を積んだ20台の車両、200個の爆発可能な爆弾、大量の重い、半重の武器や弾薬。

情報源はさらに、ISILが、シリアとの国境にあるイラク政府軍の立場について押収された爆薬と爆弾を使って、シリアのISIL開催地域への道を開くことであると付け加えた。

情報筋は、情報機関や治安部隊がISILの計画を妨害する上で重要な役割を果たしたと述べた。

イスラム過激派とその家族、主に外国人の数百人がモスルのイラク軍に降伏した。

モスクのイラク軍の迅速対応軍の関係者ジャシム・アル=アラジ大佐は、モスル旧市街のモスクに閉じ込められた多数のISIL武装勢力とその家族が、イラク軍に降伏したと語った。

彼は、外国人およびアラブ国籍の異なる家族を含め、合計320人のISILメンバーが旧市街地の中心にあるShihabモスクに閉じ込められていると語った。

「自民党は、ロシア、フランス、シリア、パレスチナ、サウジなどのアラブ国籍や外国人出身だ」と述べた。

ハイデル・アル・アバディ(Haider al-Abadi)イラク首相は、月曜日夕方、モスル市の解放が完了したと発表した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロシア、シリ... 西側諸国、ISI... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。