goo

シリア政府、クルド諸島はタバカダムを一緒に修復することに同意

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベラルーシ、レバノン(6:50 AM) - シリア政府とクルド人主導のシリア民主党(SDF)は、アラブ首長国連邦西部の田舎のタバカダムを修復することに合意した。

政府の報告によると、ダマスカスは、契約が成立した後、タバカダムでタービンを修理するための技術者グループを送った。

政府と自衛隊は、今後もタバカダムによって発電された電力を共有することに合意したと付け加えた。

この協定は、米国連合がアラブ首長国連邦南西部のタバカダムのすぐ南にあるシリアのアラブ軍(SAA)を攻撃したわずか数週間後に始まる。
  
ALSO READ   Aleppoの主要な給水所の復旧が進行中です:ビデオ
 
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 写真では、サ... 東ダマスカス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。