goo

アルJaafari:アスタナトラックが闘うテロの戦いが世界に私たちの声を課し受賞し、陽性でした

アルJaafari:アスタナトラックが闘うテロの戦いが世界に私たちの声を課し受賞し、陽性でした

ダマスカス、国連バシャール・アル・JaafariにSANA-シリアの常駐代表はアスタナ1、2および3のトラックは、それがの停止を監視に特化されているため、野党が参加しているか否か陽性であったことを強調しました

戦闘契約、契約を締結した武装グループからISISとJabhatアル・ヌスラを分離し、テロに対する戦いの契約を締結し、この問題は非常に重要ですが、それは今まで実装されていない派閥の努力を統合、 "

日曜日の夜にシリア・テレビとのインタビューで、アル・Jaafariはロシア側がそのような中で、ISISのテロ組織に よって植えられた地雷を除去するようシリア危機への解決策を見つけることに、その深刻さを反映した調書の数を提案したと述べました以下のための委員会を設 立パルミラや遺跡、
誘拐を交換し、国民の照合に特化憲法委員会を確立し、 "

アルJaafariは、正の努力がロシア側が提案した取り組みに加えて、ロシアとイランの保証によってそれに発揮されたようアスタナ会議のトラックがジュネーブトラックを補完することが示されました。

アスタナトラックの設立以来、我々はトルコの保証を扱っていないが、我々はロシアとイランの保証を扱う、と私たちは常にしているトルコ側の政治や倫理的な自信がありません
背後にある理由となってし歴史を通じて地域の問題、アル・Jaafariは述べています。

彼は、テロはシリアのすべての問題の背後にある主な理由であるとテロに対する最も重要な勝利は本日、全世界にシリアとイラクでのテロの存在を認めるとテロとの闘いに国連安全保障理事会が8決議を採択していることをことを示しました。

アルJaafariは、国際テロに対処するためのキーソリューションは、トルコ側の境界を制御することで起動しますが、トルコの政権はそれを行うことを望んでいない、それは恐喝でこの問題を扱っていると付け加えました。

彼は、テロがまだ政治アームとして使用され、ダマスカス、ホムス、アレッポで最新のテロとシリアの領域の一部が参照し、 ジュネーブに行く前にシリア政府に加わる政治的圧力のプロセスの一部であるされていることを確認しました安全保障理事会のすべてのセッションの前に起こっ た同時多発テロ。

アルJaafariがテロをサポートする政治勢力があり、彼らはシリアの危機に政治的解決に到達しないように、彼らは任意の信頼できる政治的解決に従事する政治的意思を持っていないと述べました。

彼は国際的なレベルでとJabhatアル・ヌスラテロ組織のメンバーを受け入れる、いわゆる白ヘルメットにオスカーを与えることにテロへの西部の諜報機関によって提供されるサポートと呼ばれます。

アルJaafariは、彼らはISISに対するシリア軍の戦いはパルミラとアレッポでのテロの偉大な勝利をもたらした彼ら の支持者と感じたので、イスラエル空軍は、同様の理由であると付け加え、パルミラ領域を標的とすることを指摘しました米空軍は20万人に包囲でISISを 助けるためにデリゾールでアル・Tharda山に妨害しました。

彼はイスラエルの攻撃のためのシリア軍の報復が適切であったことを強調し、それがロシアの外務省とイスラエル大使とイランの強い文とレバノンの抵抗を召喚する対策を参照して、ゲームのルールを変更しました同じ問題。

アルJaafariは、欧米諸国が危機に政治的解決策を見つけるために起因する国際的意志の欠如にシリアのテロ攻撃を非難する安保理でロシアが提案したプレス声明を拒否したことを示しました。

彼はアスタナの米国表現は非常に正常であり、その参加は動的ではなかった、と新政権はまだシリアの情勢に向けた政策の最終評価に達していないと付け加えました。

アルJaafariは、シリア・アラブ共和国の代表団はジュネーブ協議の第五ラウンドに行くと4バスケットを含まジュネーブ協議の第4ラウンドで到達議題に応じて動作するように喜んでいると主張しました。

彼は、リヤドの野党の代表団は、テロとの闘いのバスケットを拒否すると同時に、それはテロと戦うために拒否しながら、それは国家のかもしれないか疑問、それは国の反対であることを主張していることを付け加えました。

彼は、シリアをターゲットの背後にある理由は、それが国家の尊厳に付着し、それが地域のすべての西洋のアジェンダをくじかれたことをであることを明らかにテロとの闘いの戦いに勝利することで、私たちの声を課していることを肯定し
ます世界と地上でより多くの勝利を達成します政治的解決に達する容易。

RJ / Ghossoun

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イスラエルは... イスラエルは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。