goo

モスルの解放は神の行為だった

Tue Jul 11、2017 12:13
 
モスルの解放は神の行為だった
 
テヘラン(FNA) - 9ヶ月の激しい戦いの後、モスルをISILのテロリストグループから解放するキャンペーンは、7月9日の日曜日に終了した。

モスルでの勝利の宣言にかかわらず、外国人支援テロリストは、数年ではないにしても、数ヶ月間、そこや他のイラクの都市を攻撃し続けている可能性が高い。今のところ、一つの挑戦は、ISILの残酷なルールによって傷つけられ、数千人が死亡し、およそ100万人が移住した米国の空爆によって破壊されたモスル自体の未来です。

一部の欧米メディアの主張にもかかわらず、イラク政府、軍隊、ボランティア軍、イラン勢力はガバナンスと安全保障のための戦闘後の計画を策定しており、モスルの指導者たちが都市を再建するのを助ける用意があり、

そうすれば、軍事作戦は遠からず進んでいる。さらに悪いことに、イラクの自治的クルド地方の大統領であるMasoud Barzaniは、9月25日の独立国民投票を発表してこの状況を武器にしている。戦闘で生き残った多くの民間人には、勝利は苦いものになっています。彼らは家、遺物、家族を失い、クルド人の仲間からの援助を受ける代わりに、米国が支援する扇動やパーティーを聞いています。

しかし、モスルの解放は、10年以上にわたりイラクを悩ましていた民族や宗派の亀裂を決してさらさない。疑いのある人は、ラマディとティクリートに尋ねるべきです。2003年の米国主導の侵略と占領以来、イラクの将来を形作ってきた外部の力によって、勝利はアラブ人とクルド人の間で紛争地域や、スンニ派とシーア派の間のいかなる暴力も引き起こさなかった。モスルが違うと思う理由はありません。

そして、いや、イラクはISILの爆撃や武装勢力の崩壊でもはや唖然としません。イスラエルがイスラム原理主義勢力を民族虐殺に崩壊させただけではなく、勝利が問題になることは決して許されないので、人々はモスルの解放を祝っている。モスルは、ティクリットやラマディと同様に、アラブ人やクルド人のイラク人に属しています。彼らは決してバグダッドの政府の支配をあきらめないだろう。

議論では、シーア派の指導部が解放された地域を地方の政治指導部や治安組織がない緩やかな地域に保つという考えは、まるで幻想である。クルディスタンのような自治区をモスルに近づける計画はありません。少数の過度の少数民族を収容するための小さな単位の自己ルールがあれば、それは許されても憲法によって。再び、それはまさに錯覚です。

モスルが完全に解放されたことで、イラクの人々は今、解放を助けた新しいイラクへの希望と信仰を持っている。政府は、各憲法の条項と条項に同意し、差別やパートナーシップのない平等な市民権を持つ国を持つようにする。高官は、イラクを統一国家とみなすことが他のすべてに勝ることを最優先にしていることは間違いないとしている。彼らは、神が、すべてのものが、彼の目的に従って呼び出された人たちのために一緒に働くようにさせたことを知っています。結局のところ、モスルの解放は神の行為でした。

したがって、モスルを取り戻すと主張する者は、始まりに過ぎず、イラクがまったく好きではない。イラク政府や国際社会の復興を経て、人々はすぐに家庭や地域社会に戻ってくるだろう。障壁はなく、コミットされた残虐行為のための復讐の恐怖はありません。また、正当であろうと間違っていても、地方当局と治安部隊の間の共謀の調整や不足という批判を受けた人々のブラックリストは存在しません。

具体的には、平和構築のためのSANADとイラクのファシリテーターのネットワークである2つの市民団体が、ISILから取り戻されたイラク地域の部族、社会、政治の動向を分析している。グループは、緊張を和らげ、和解を促進するために地元の指導者間の対話を促進してきた。平和構築のためのSANAD(アラビア語では「支援」を意味する)とファシリテーターのネットワークは、イラク軍がティクリートをISILから再捕獲する2015年を含む、そのような和解過程を導いた。2つのグループは政府の支援を受けて活動しており、結果は素晴らしいものでした。

シーア派の部隊がティクリを回収した後、戦争で避難したスンニ派は、いくつかの西部とサウジアラディアのメディアが主張するシーア派の復讐攻撃を恐れて、家に帰ることを避けた。サナッドとイラクの平和ファシリテーターは、スンニ派とシーア派の部族指導者の間で和解対話を展開し、30万人以上の避難民が帰国した。

モスルは次です。この平和構築作業のための最も難しい場所である可能性もありますが、長年にわたる紛争にもかかわらず、平和と安全は今も勝つでしょう。宗派間の暴力の可能性は、イラク人がISIL、アルカイダ、そして彼らの守護者を敵としか見ていないことを示す世論調査で明らかなように、依然として低いままである。彼らは国の発展と現在のISILとの戦いに焦点を当てたままである。彼らは基本的な問題は政治的なものであり、対話を通じて解決されなければ、ISILが敗北した後も米占領軍が残ることを保証する。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  時を過ごすこ... 米国と英国は... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。