goo

ユネスコは、登録のためのアルバインの巡礼を研究します

ユネスコは、登録のためのアルバインの巡礼を研究します

  • ニュースコード:801158
  • 出典:TVShia.com

カルバラ研究と研究センターは世界中からイスラム教徒の最大の年次平和的な文化イベントとしてユネスコに登録されたイマーム・フセイン(AS)の聖なる神殿にアルバイン巡礼を持ってしようとしています。

(AhlulBaytニュースエージェンシー) -センターは、彼らがユネスコに、巡礼の安らぎを証明する、本格的な文書や写真でサポートされている登録の要求を提出言って、彼らが予備承認を受けました。

アルバインの行進は、したがって、それは正式にイスラム教徒数百万が集まる国際的な平和的なイベントとして登録されており、しようとしており、その起源は確立している、イラクのイスラム文化遺産で非常に重要なイベント、および中心です。

アルバインは40日阿修羅の日の後に発生したシーア派イスラム教徒の宗教的な遵守です。これは、年680ADにイスラム暦の月の10日に殉教したイマーム・フセイン(AS)、預言者ムハンマド(PBUH)の孫、の殉教を記念します。

アルバインは、最大25万人がイラクのカルバラの町に行くれる地球上で最大の巡礼の集まり、の一つです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Seyyedハッサ... アナリスト:... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。