goo

ロシア外務省:非常に疑わしいデータに基づいてシリアにOPCWの報告書

ロシア外務省:非常に疑わしいデータに基づいてシリアにOPCWの報告書

モスクワは、SANA-ロシア外務省は、シリアの化学兵器禁止機関(OPCW)の特別ミッションの報告は非常に疑わしいデータに基づいていることを金曜日に確認しました。

「残念ながら、我々はその結論はまだ非常に疑わしいデータに基づいて作成された文書の最初の読み取りに状態に強制されている、」ロシア外務省の情報とプレス部門は言いました。

同省は、OPCWのデータが「悲劇の現場ではなく、特定の「隣の国で同じ野党と白のヘルメット型の同じ悪名高いのNGOから得られ、そしてません。」と付け加えました。

「したがって、それはOPCW特別なミッションの報告書の内容は、この構造の活動の政治秩序の存在を示唆し、主にバイアスされていることは驚くべきことではない、」省は言いました。

マナー/ Ghossoun

関連記事

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 中央シリアの... シリアの紛争... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。