goo

イエメン軍の砲兵は、アシール省のサウジ軍事基地に多額の損失を負わせます

イエメン軍の砲兵は、アシール省のサウジ軍事基地に多額の損失を負わせます

2017年2月12日18時08分
 

 

イエメン軍の砲兵ユニットは、日曜日にアシール州のサウジアラビア主導の部隊のいくつかの軍事基地を打ち砕きました。

ALAB、カラフ、アル・Shabakehとアル・Rabou'aでサウジ軍の軍事基地には多額の損失を維持し、イエメン軍の砲撃の下に来ました。

イエメン軍と人気の力は、ハードMaqbaneh領域ともSabrin地域におけるHamirエリアでサウジアラビア主導の部隊の濃度センターをヒット。

火曜日に関連した開発では、イエメン軍の砲兵ユニットは、いくつかの民兵を殺害し、負傷、Ta'iz省のサウジ担保過激派の集会センターを打ち砕きました。

サウジ担保民兵砲撃」Maqbanehの町でHamir地区の濃度センターはイエメン軍で多額の損失を持続しました」。

そこHamir地区のリヤド担保過激派の一部に死傷者の正確な数についての報告はまだありませんが、イエメン軍による同様の攻撃は、通常、サウジ担保軍に大きな損失と死傷者を残します。

イエメン軍が目標とし、同様にMaqbaneh地域におけるアル・ハムラの丘の上にあるサウジ担保民兵の軍用車両を破壊しました。

また火曜日に、イエメンの人気の力がサヌア州のNihm地区に3サウジ賃金傭兵が死亡しました。

誘導ミサイルがそれらを運ぶ軍用車両を打ったとき傭兵が殺された、地元メディアは水曜日に発言として軍当局者を引用しました。

イエメンは元大統領アブド・ラッボ・マンスール・ハーディーをバックアップサウジアラビア主導勢力と戦う前大統領アリー・アブドッラー・サーレハをサポートイエメンの人気軍とその同盟国との間で、2014年以来、戦争に従事してきました。

米国でサポートされているサウジアラビア主導の連立政権は、ハディ政府を再インストールするには、2015年以来、イエメン軍と戦ってきました。

また月曜日に、イエメンの地元メディアは、サウジアラビアの首都リヤドでの弾道ミサイル攻撃を報告しました。

イエメン軍は公式の状態イエメンの報道機関によって発表された声明を経由して市に彼らの初の攻撃の発表を行いました。

声明の中で、彼らはミサイルが自国に対する王国の容赦ない戦争のための報復として首都の西に位置するサウジ軍基地で開始されたと主張しました。

これは、攻撃はリヤドからイエメンのミサイルの範囲内であることを示していることを強調するようになりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  米国はイラン... アル・ヌスラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。