goo

プロ政府軍はシリアのバディアでFSA基地を破壊し、200km2の地域を解放する

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベイルート、レバノン(3:05 PM) - シリアの南部バディア(Badia)地域で、シリアのアラブ軍(SAA)と同盟関係の準軍組織が、米国支援のフリーシリア軍(FSA)傭兵に対して進歩を続け、新しい丘を捉え、より多くの砂漠地帯に

今日、元政府軍はアル・マフファール・アル・ファランシ地域の東から21キロ先に進んでおり、タル・ジャレンとその周辺地域の主要丘を捉えています。

合計で、SAAとその同盟国は、その日の努力の結果として、FSA職業から約200平方キロメートルの領土を解放した。

 

アル・マスダール・ニュース専属の軍事筋によると、前政権勢力の襲撃で、この地域のFSA武装勢力が死傷者20人を失い、2人がノックアウトしたとされる大犠牲者が出た。さらに、米国で尋問された傭兵はまた、自治政府軍によって破壊された操業室の1つを有していた。

この国の南西バディアにおけるSAAとその同盟国による最も最近の勝利は、ダマスカスの方向に突き進む大規模なFSAの勢力分離して破壊するための継続的な活動の一部であり、その後ヨルダンとイラクとの国境に沿って。

 

 
この記事を共有する:
  • 477
  • 57
  • 5
  • 539
    Shares
 
 
また、  HTSのジハード主義者は、シリア全土で裁判外のタクファを非難する
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロシアのチョ... シリア戦争報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。