goo

ヒズボラ、シリア軍がレバノンとシリアの国境近くでテロリストとの激しい衝突に従事する

2017年3月29日午前2時57

ヒズボラ、シリア軍がレバノンとシリアの国境近くのテロリストとの激しい衝突で従事する
テヘラン(FNA) - レバノンヒズボラ抵抗運動とシリア軍部隊が殺害、北西部ダマスカスの町で(もファタハ・アル・シャムフロントまたはレバント解放委員会として知られている)アル=ヌスラ戦線の重い攻撃をオフfended司令官を含むテロリストの数。

Flitah町のシリア軍の位置に失敗した攻撃でのフィールド司令官を含めたAl-Nusraテロリストのスコアは、殺されたと、より多くが負傷した、Arsal山の西部アルQalamounと東でワディ・アル・Oveiniの南西部。

ヒズボラの砲撃とミサイルユニットもArsal山にワディ・アル・Khailとワディ・アル-DABでのテロリストの位置をヒット。

ヒズボラの攻撃の後、レバノン軍も同様にArsal地域のAl-Nusra位置に大砲攻撃を開始しました。

また、シリア軍部隊が火曜日にJobarとAl-Qabounの地区との間の領域におけるAl-Nusraとの激しい衝突に従事し、アル・Abbaseen地域の背後にあるアル・マル川の制御を押収しました。

まあ、消息筋は、800以上のアル・NusraのテロリストがJobarとアル・Qabounにおける軍の兵士との戦いで殺されたと述べました。

ソースは、軍がJobarとアル・Qabounでテロリストとの戦いに高度な武器やミサイルを利用したと付け加えました。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ヒズボラはテ... 戦いの準備:... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。