goo

トランプ米大統領はプーチン露大統領を何らかの形で脅したいのだろうが、直前に露と中は連携強化

2017.07.07

カテゴリ:カテゴリ未分類
7月7日にドナルド・トランプ米大統領はウラジミル・プーチン露大統領と会談する予定になっている。その前、7月3日から4日にかけてプーチンはモスクワで中国の習近平国家主席と会い、両国が戦略的な協力関係にあることを宣言、エネルギーの取り引きを中心とする貿易が急速に膨らんでいることを強調している。

勿論、中国とロシアは軍事面での連携も強まっている。中国とロシアが戦略的な同盟国になった最大の原因はアメリカの軍事的な圧力。冷戦時代の両国には西側 を民主主義が機能していると信じていた人、あるいはアメリカ流の社会にすれば全員がブルジョアになれるという幻想を抱いていた人もいたようだが、ソ連消滅 から四半世紀以上を経た現在、そうした人はほとんどいないだろう。ウォルフォウィッツ・ドクトリンに基づいてアメリカは侵略戦争を繰り返し、その矛先が自 分たちに向けられていることを中国もロシアも認識している。

アメリカは中国を懐柔してロシアを孤立化させようとしていると語る人もいるが、そうした状況ではない。そうした見方が出てくるのはアメリカに希望をもって いるからだろうが、ロシアや中国がそうした希望を持っているようには見えない。ウォルフォウィッツ・ドクトリンという世界制覇プロジェクトは破綻してい る。それにもかかわらず世界制覇を未だに夢見ているのがアメリカだ。その夢は人類を滅亡させかねない悪夢でもある。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« トランプの「... モスル戦 - 20... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。