goo

イスラエルの入植地で保険会社の資金調達トップフランスの銀行、:NGO

水2017年3月29日15:25
2017年2月26日にベイトUmmarの西岸の町から撮影した写真は、バックグラウンドでKarmei Tzurのイスラエルの入植を示しています。 (AFPによる写真)
2017年2月26日にベイトUmmarの西岸の町から撮影した写真は、バックグラウンドでKarmei Tzurのイスラエルの入植を示しています。(AFPによる写真)

いくつかの人権団体は、占領パレスチナ地域でイスラエルの入植地への融資には4つの主要なフランスの銀行の共犯と保険会社を暴露しています。

啓示は、水曜日に行われた  レポート人権のためのパリベースの国際連盟(FIDH)、112カ国から184の会員組織を持つ国際人権NGOのウェブサイト上:「フランスの銀行とイスラエルの入植地危険なリエゾン」というタイトル。

BNPパリバ、ソシエテジェネラル、クレディ・アグリコルとのGroupe BPCEの銀行だけでなく、中AXA保険会社ホールド株式や「は、集落(および)財務構造の構築に不可欠な政治的道具」であり、イスラエルの銀行、に関与しています報告書をお読みください。

5社はさらに、建物を通じて決済発展を助ける業務に関与している「住宅、工場、電話、インターネット接続、または監視装置の設置、」それは付け加えました。

デモ参加者は、3月26日にアル・ハリール(ヘブロン)の西岸の都市におけるイスラエルの入植地に抗議中にパレスチナの旗を保持し、2017年(ロイターによる写真)

また、フランス・パレスチナ連帯協会(のAFP)を含む他の人権団体の数が共同執筆した報告書では、間接的機関がに関わる事業者の資金を調達できるようにすることで、イスラエルの決済事業を支援するフランスが責任を負います建設活動。

「フランス政府は、彼らが最後にすべての彼らのサポートを持っていることを要求し、銀行や保険会社に負担する圧力を持参しなければならない、」報告書は結論付けました。

一方、FIDH副社長マリーズArtiguelongは、追加 『もう少しお金を稼ぐために、この違法行為に』フランスのグループの関与で不満を表明し、「(彼らは)任意のコストで利益を求めています。」

また、ディジャー・ファガート、AFPのメンバーは、「入植地への接続とイスラエルの企業から自分のお金を引き出す。」にフランスのグループを促しました

「フランスの銀行は、彼らが何が起こっているか分からないと言うことはできません。彼らは正しい決断をしなければならない、」Fagartは語りました。

米大統領ドナルド・トランプの行政の支援によって余勢を駆って、テルアビブ政権は占領地での入植者の多くのユニットの建設にゴーサインを与えています。

イスラエルの決済拡大は、国際法の「目に余る違反として集落を非難2016年12月に採択国連安保理決議2334を挑みます。

万人以上のイスラエルは、パレスチナ自治区の1967占領以来、構築された230以上の集落に住んでいます。

イスラエルの入植地の継続的な拡大は、中東和平の確立に大きな障害の一つです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イスラエル軍... パレスチナ問... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。