goo

シリア軍は、全国各地の多くの地域でテロリストの数を殺す

シリア軍は、全国各地の多くの地域でテロリストの数を殺す

 
シリア陸軍とホムス郊外の同盟国シリア陸軍とホムス郊外の同盟国

シリア陸軍部隊と軍隊部隊は、Deir EzzorのISILテロリストの温床と動きに対して空爆と砲撃を行った。

軍の筋によると、陸軍部隊は、水曜日、イスルテロ集団と激しく衝突し、アル・ベベイ周辺、アル・タンミエセクター、ディア・エズールの墓地付近の軍事的地点を攻撃した。

情報筋によると、この衝突は、テロリスト11人を殺害し、他の人を傷つけ、攻撃を断つことに終わったという。

一方、記者は、陸軍の砲兵部隊は、アルシノフ丘陵、アルタイム畑、アル=ハワイケーとアルマールルの周辺で、多数のテロリストを殺して負傷させたISILテロリストのための集会を目標としていると語った。

記者は、シリア空軍がいくつかのISILテロリストを一連の空爆で犠牲にし、Hweijet Katea、Al-SinaaとAl-Hamidiehの周辺、Liwa al-Taminの周辺で3台の車両を破壊したと付け加えた。

ダーラ/スエイダ

陸軍部隊は数多くのアル=ヌスラ・フロントテロリストを殺害し、ダーラア州のムライエット・アル・アタシュとダラア・アル・バラード、スエイダ州の北東部のティルール・サルマン州にある反タンカーロケット打ち上げ機を破壊した。

一方、テロリスト団体はソーシャルネットワーキングのウェブサイト上で、いわゆる「セイオフ・ホラン大隊」のリーダーであるテロリストBilal Yasein al-Masalmehを含むDaraa al-Balad地域で12人が殺害されたと認めているIsaa Mohamed Salameh al-Masalmeh。

ダマスカス田舎

陸軍と軍隊は、ダマスカス郊外の南東部のアルヌスラテロリストのための車両と集会を破壊した。

軍部筋は、ダマスカス郊外の南東部のアル=ラワビ、タル・リナバ、ベイル・アル・カサブとラージム・アルサリを取り巻く地域で、アル・ヌスラの集まりや動きに対する軍隊の攻撃が強まったことをSANAに伝えた。

筋によると、数百人のテロリストがストライキで殺されたほか、重機銃、4台の輸送車、2台のモーターサイクル、固定式ロケットランチャーを搭載した3台の車両を破壊した。

陸軍部隊は、浜の田舎のサラミア地域の東側のISILテロリストの動きに対して集中的な攻撃を行った。

サナの記者は、軍ユニットが、油路とサラミア地方のタベレット・アル・デイベイ東方の間のISILテロリストの敷地や動きを標的にし、テロリストの多くを殺し負傷させ、所有していた兵器や弾薬を破壊したと語った。

ソース: SANA

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍、ビ... ISISとAl-Nusr... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。