goo

刺傷に従い、占領、エルサレムでの攻撃を撮影、イスラエル軍は市とデイル・アブMash'al村に対する連座措置を課します

2017年6月18日(日曜日)

刺傷に従い、占領、エルサレムでの攻撃を撮影、イスラエル軍は市とデイル・アブMash'al村に対する連座措置を課します

 
 
6月18日  3:44 PM
刺しに続いて三人のパレスチナの若者とイスラエルの女性兵士の殺害になった2017年6月16日(金曜日)、上に占める東エルサレムでの攻撃を撮影し、イ スラエル軍が占領し、エルサレムにおける以降でパレスチナ民間人に対する追加の連座措置を課し3人の若者が来て、そこからデイルアブMash'al村、ラ マラの北西、。
人権のためのパレスチナセンター(PCHR)が強く禁止されている彼らは連座の政策に収まるこれらの対策やストレスを非難します
彼は人権(PCHR)のためのパレスチナセンターが強く、彼らが国際人権法で禁止されて連座政策に収まるこれらの対策やストレスを非難します。PCHRはさらにパレスチナ自治区(OPT)でパレスチナ民間人を保護する上で動作し、その適用を確保するために、国際社会に呼びかけ。
PCHRの調査によると、上記の攻撃の後、イスラエル軍は完全にバブ・アル・Asbat(ライオンズゲート)を除く、バブ・アル・Amoud(ダマスカス門)エリア、スルタンスレイマン・ストリートとエルサレムのすべての門を閉じました。
彼らは、旧市街に入ってから出るのパレスチナ人を禁止し、商業店舗所有者がそれ以外の場合は、オーバーNIS 40,000の罰金を支払うことになるシャットダウンする義務を負います。
イスラエル軍はまた、これらの道路を使用してから、バブ・アル・Amoudを防止車につながる路上で金属障壁を噴出しました。イスラエルの役員は、バブにあった民間人を追いかけAL-
イスラエルの役員はバブ・アル・Sahera(ヘロデ門)、アル・Mesraraとナブルスストリートにあった民間人を追いかけ、彼らの音爆弾を発射しました。また、彼らはいくつかの民間人を暴行し、離れシーンからジャーナリストを押しました。
イスラエル軍は、すべてのエルサレムの上にナブルス、バブ・アル・Sahera、スルタンスレイマンとAl-Mesraraの主に街を動員しました。イスラエル軍は、バイ通行人を停止し、そのIDを確認して、都市全体に分散バスによって西岸の住民を強制送還しました。イスラエル警察は、彼らが宣言した  「許可なしにエルサレムに入った350人のパレスチナ人、上デポートし、パレスチナにそれらを戻しました」
刺し撮影攻撃を行って3人のパレスチナの若者のアイデンティティは、開示された後に同じ文脈では、イスラエル軍は北西ラマラのそこから若者が来て、デイル・アブMash'al村に移動しました。彼らは鉄の門を確立することにより、メインの入り口を閉鎖し、世界から村を単離し、砂や岩で道路を閉鎖しました。
PCHRの調査によると、約05:30 2017年6月17日(土曜日)上で、イスラエル軍は言った村に移動し、夜間外出禁止令を課しました。
エンジニアリングチームを伴うイスラエル兵が3、攻撃者の家族に属している家を家宅捜索し、それらを調査しました。
エンジニアリングチームを伴うイスラエル兵が3、攻撃者の家族に属している家を家宅捜索し、それらを調査しました。撤退する前に、イスラエル軍は、日付に言及せず家を破壊するために家の意思決定の所有者に手渡しました。その家族の家襲撃された殺した若者は、として同定されました。
  1. オサマ・アーメド・ダドゥ「アタ(18)。彼の家族の家の面積は150平方メートルであり、彼の家族は6です。
  2. 'アデルハッサン' Ankoush(19)。彼の家族の家の面積は110平方メートルであり、彼の家族は10です。そして
  3. バラ」イブラヒム・サレ・アタ(18)。彼の家族の家の面積は140平方メートルであり、彼の家族は6です。
さらに、襲撃イスラエル軍は、検索し、破損し、攻撃者の親族に属する家の数十の内容を、彼らはイスラエルに持っていた許可証を没収しました。
一方で、若者の数は、村の中心部に集まり、すぐに反応して発砲したイスラエル軍兵士、に石や空き瓶を投げました。
結果として、2つのパレスチナ人の民間人が負傷しました。最初の右脚にライブ弾丸傷を支え、他方は右側にゴム被覆金属弾丸傷を持続しました。これらは両方とも、必要な治療を受けるためにラマラでパレスチナメディカルコンプレックスに運ばれました。
PCHRは特にジュネーヴ諸条約の第33条の下で、国際的に禁止されて連座政策に収まる、と北西ラマラの占有東エルサレムとデイルアブMash'al村のパレスチナ民間人に対するイスラエル政府の措置を、非難します:
  1. 国連は、OPTで民間人を保護する上で動作するように要求。
  2. OPTでそれらを適用するために条約の締約国としてのイスラエルのコミットメントを確保するためにジュネーブ条約に両締約国に呼びかけ。そして
  3. かかわらず、犯罪者国籍の責任戦犯と犯罪がコミットされた場所を保持するために彼らのユニバーサル管轄を行使することにより、これらの条約の下での義務を履行し、彼らは何十年も楽しむ不処罰に終止符を打つためにジュネーブ条約の締約国を要求。
関連ビデオ
 
 

パレスチナニュース


 へ 根こそぎパレスチナ    
この記事で示された見解は執筆者個人の責任であり、必ずしもそれらの反映していない  ブログを
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  中国特使:北... ダマスカス:R... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。