goo

シリア軍は南部の都市での48時間の戦闘の停止を宣言します

土2017年6月17日12時46分PM
シリア政府軍は5月10日、2017年(AFPによる写真)に、イラクとの国境に近い南東部のシリアで、Saba'aバイアールの砂漠地帯での軍事船団のために道を確保します シリア政府軍は5月10日、2017年(AFPによる写真)に、イラクとの国境に近い南東部のシリアで、Saba'aバイアールの砂漠地帯での軍事船団のために道を確保します

シリア軍は民間人の命を確保し、彼らの武器を捨てるために外国主催の過激派に機会を与えることを意図国民和解の努力を支援するために48時間Dara'a南部の都市での停戦を発表しました。 

シリア軍と軍の一般的なコマンドは、すべての戦闘活動を48時間土曜日午後12時(0900 GMT)のように停止することを声明で述べています。

今週初め、西洋の外交官は、匿名を条件に話して、米国、ロシア、ヨルダンからの役人は南部シリア武装勢力と政府軍との戦闘を停止するためにアンマンで非公開の会合を持ったことがベイルートで述べています。

外交官は、当局が包括的合意が得られ、ヨルダンとの国境の制御の概要を説明すると予測されている外国人の担保過激派とシリア軍の兵士の間で停戦ラインの境界上の視点を交換したと付け加えました。

アスタナのカザフスタンの首都先月で停戦会談で、ロシアは、トルコとイラン・イスラム共和国からのバックアップで、シリアの主好戦-開催された地域で、デエスカレーションゾーンを確立するための取引を仲介しました。

5月5日深夜に発効した計画では、過激派グループとシリア政府軍との停戦を求めています。  

5月9日にDara'aの南部の都市の好戦的な-開催された地域で破壊された建物過去変位シリア家族ドライブの持ち物を搭載した車、2017年(AFPによる写真)

これは、イドリブの北西シリア州、ラタキアの西部沿岸州の北東部エリア、アレッポ県と浜省の北部地域の西部の地域をカバーしています。 

契約はまた、北部のダマスカス田舎のホムス県、東Ghouta地区にラスタンサーガとTalbiseh飛び地だけでなく、ヨルダンとの国境に沿って国の好戦的な制御南部に適用されます。

国連は望んで 開始するために 、7月に新たなシリアの会談を

一方、シリアスタファン・デ・ミストゥーラ国連特使は、イントラシリアの会談の新鮮なラウンドは7月10日にジュネーブのスイスの都市で開始すると月曜日に言いました。    

「(デMisturaが)彼はジュネーブでのイントラシリアの会談の第七ラウンドを招集します。招待者の到着予定日は7月9日で、7月10日のラウンドの始まりで発表することを希望する、」彼のオフィスは電子メールで声明で述べています。

「彼は8月に、9月に交渉のさらなるラウンドを招集する予定」と、それが追加されました。

 
コメント(4
 
 
<form class="hc__reply__uploadform" action="http://c1api.hypercomments.com/admapi/upload" method="POST" enctype="multipart/form-data"><input class="hc__reply__upload" type="file" name="file" value="UploadFile" size="80" accept="image/*" /></form>
 
<textarea class="hcc hc__reply__box__textarea"></textarea>
Maryrose 2時02分で、昨日
シリアが本当に気にはならない、新鮮な国連交渉が遅延する彼らはテロリストの戦争を勝っているし、彼らのサポーターが結論に来て、これらの新鮮な交渉自体を再編成するために敵がいます。
fplmaestro 22:30一昨日で
彼らはシリアすべき国連の権限を持たないため自動に、ITはないだろう、米国と英国の特殊部隊が含まれるであろうFORIEGN SPONSERD闘士。
JJ_Topher_Is_An_Israeli_Paid_Propaganda_Poster 22時30分一昨日で
トルコはすべて、この暴力がUSAはクルド人がアメリカれ、よりつかむ持って、それを使用している引き起こし続けることを望んでいない
とイスラエルが後で切り札として使用することができます。
SR21:55で一昨日
ロシアはシリア軍が勝利の視界にあるときだけテロリストを支援するために介入します。私はロシアを包囲し、絞めにする米国の努力をサポートしています。彼らは二枚舌と危険なブタ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 北朝鮮はNYで... メモリユニッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。