goo

シリアで戦争を逃れた子供たちは13時間労働を2ポンド

 

シリアで戦争を逃れた子供たちは13時間労働を2ポンド

(画像:Louise Norton / CAFOD)
(画像:Louise Norton / CAFOD)
戦争で疲弊したシリアを逃れた子供たちは、新しいホスト国で£2未満で13時間労働を強いられている。

ヨルダンやレバノンなどの近隣諸国の何百万人もの子どもの難民は、終わりを迎えるために過酷な仕事をしている日々を過ごす必要があります。

これらの国々は、雇用と教育を必要とする何千人もの人々に対処するために苦労しています。

彼らの家族を支援する絶望的な試みでは、子供たちは日常的な仕事で週7日働くために彼らの教育を前にしています。

国連は、戦争が6年以上前に始まって以来、500万人のシリア人が近隣諸国に避難しようとしていると推定している。

トルコは最も多くの難民を抱え、その後ヨルダンとレバノンを襲った - しかし、これらの国々では、子供たちは教育を完全にやめようとしているか、戦争後に逃した学校に追いつこうと必死になっている勃発し、その家族は移住した。

ヨルダンでは、シリアから登録された難民数は660,000人以上で、少なくとも33万人が18歳未満の子供です。そのうち103,000人は5歳未満です。

CAFOD国際開発慈善団体の世界ニュース担当官、Laura Ouseleyは、ヨルダンの首都アンマンで家族と過ごしました。

彼女はMetro.co.ukに、シリアの子供達がそこに導かなければならない厳しい、早過ぎる大人の生活について話しました。

アーマド(12歳のシリア人少年)はアンマンに住んでいます。彼は彼の家族の一員です。

「私は彼の家を訪ねたとき、彼は週に7日間そうするように、本屋で掃除機として酷い13時間の仕事をしていた」とローラは言った。

ヨルダンで4万人以上のシリア児童難民が教育を受けていないため、幼児期の開発の重要な部分に欠けていること、そして子供であり、友達になる機会があることを意味します。

ローラーは説明しました:「障害の山は、子供を学校の外に預けたままにしておきます。そして、彼らが逃す時間が長くなればなるほど、帰るのが難しくなります。

「アーメドの場合、終わりを迎えるために苦労している、借金が深く、他の所得手段を持たない家族の純粋な絶望から抜け出している。シリア難民としての生活は非常に厳しいです。

彼の母サルワは、ローラに「食べ物があれば食べる、そうでなければ食べない」と語った。

彼の若い年齢にもかかわらず、Ahmedは35歳のお母さん、80歳のおばあちゃん、そして6人の弟と妹をサポートしています。彼の兄弟のほとんどはシリアを覚えていないだろうが、ヨルダンでは辛い思い出しか持たないだろう。

彼はブックショップでの仕事のために、1日2ドルのヨルダンディナール(£1.09相当)を稼いでいます。彼の9人家族を適切に養うには、たまにしか足りません。

サルワの兄と父親が戦死した後、家族は4年前にヨルダンで安全を求めるためにアレッポから逃亡した。彼らがヨルダンに着いた後、サルワの夫は彼女を別の女性のために去った。

子どもの2人は、CAFODの支援を受けている地元組織、Caritas Jordanの支援を得て教育を受けています。カリタスは子供たちを迎え入れてスナックを食べ、勉強して遊ぶ安全な空間を確保します。

学校の先生は、Lauraに、子供の中には、彼らが唯一の食事である「彼らは兄弟姉妹と分かち合うために家に持ち帰る」と語った。

サルワは子どもたちがより良い生活を送るために絶望的です。

「私の子供たちは、子供たちにはお金を払っていると言いますが、何も持っていません」と彼女はローラに語った。「私は同じことをすることができないほど悪い気がする。

「時には、Ahmedが仕事に行くとき、彼は泣いている。彼は非常に疲れて戻ってくるだけで、いつも眠る必要があります。

「私は彼について考えていると非常に落ち込んでいるように感じますが、私は何ができますか?これが私たちが生き残る唯一の方法です。

しかし、この状況では、ローラが会ったのは唯一の子供ではなかった。

ローラーは、「ヨルダンとレバノンへの私の訪問で、学校に通っておらず、家族を支えるために長時間働かなくてはならない、多くの他の子供たち(Ahmedより若い子供たち)に会った。

「挑戦は数多くあります。学校への距離、過密、学校への出入りの安全、学校の教材費、貧困、就労の必要性はありません。これは、子供が学校に通っていない、または中退している理由の一部です。

財政問題は最も一般的な障害であるが、Caritasの教育プロジェクト調整担当者Waed Imseehは、暴力、早期結婚、学校でのいじめは、子どもたちが出席できないようにすると述べている。

「ヨルダンのカリキュラムにはいくつかの子供たちがいます。「他の人たちは、教育の質の低さに問題があります。

Ahmedとその家族のように、ヨルダンのシリア難民世帯の93%が難民キャンプの外、貧困ラインの下に住んでいる。

家族のための賃貸料はヨルダンの150ディナール - 約164ポンド - 水と電気を除く月。そのために、9人の家族全員が1つの大きな部屋を共有しています。そこで、彼らは薄いフォームマットで寝ます。

この家賃を支払うことは、サルワにとってますます苦労しています。

「私たちは家主に全額を支払っていない」と彼女は叫ぶ。「私たちには負債があります。私は家賃を支払うことができなかったので、2軒の家を出なければならなかった。

しかし、家族のために人生は常にそうではなかった。アレッポでは、戦争の前に、彼らは定住生活と家を持っていました。

サルワは、「アレッポでは、戦争が起こる前に、すべてが違っていた。私たちは家を持っていました。人生は静かでした。野菜は非常に安く、すべて安かった。

しかし、彼女の義母スワッドは、「少なくともここではパンを食べるだけで心配したり不安を感じることはありません。とても多くの家がシリアの廃墟に残っていました。多くの人々、子供、高齢者が地面に投げ込まれた。

ローラ教授は、シリアの両親は教育を「より良い未来のためにのチャンス」と見なして子供たちを学校に通そうとしていると説明した。しかし、多くは成功しません。

「シリアでの戦争の恐怖から逃れた子供たちは、教育を犠牲にするべきではない」とローラは言いました。

「学校の場所があることを確認し、子供たちが授業に出ることは容易ではない。

「柔軟な学校制度が必要であり、存在する障壁に対処し、十分な資金を確保しなければならない」

出典:Ashitha Nageshによるメトロ

 

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍ユニ... 'ISISは誰かを... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。