goo

シリア軍、Deir EzzorにISILセンターを破壊する

シリア軍
ニュースID:4029291 - 2017年7月12日 - 16:18
【ワシントン3日ロイター】米連邦捜査局(USAS)のシリア陸軍部隊は24日、空軍部隊の支援を受け、デイル・エーゾル州のISILテロリストに属する車両と弾薬庫を破壊した。

Deir EzzorのSANAの記者は、Al-Sina'a近郊とAl-Jafra村の交差点近くにISILテロリストの温床と位置を集中して標的にした軍ユニットが、機銃装備車を破壊して殺し負傷したと語ったいくつかのテロリスト。

記者は、ISILのいわゆる「軍事司令部」とその2台の車両の2つの位置が、Al-HusseinyiaとAl-Bu Omar村を横切るAl-Halabyiaの位置、集会、要塞を標的にして空爆で破壊されたことを示したDeir Ezzorの東の田舎です。

記者は、ISILテロリストの多数が死亡し、他の人が負傷したことを確認し、シリア空軍が集まった空港、アル・マカベール(墓地)地域、およびアルジュバイリーエ(Al-Jubailieh)。

Deir Ezzor Airportを防衛する軍隊の要員は、Al Tharda MountainのISILテロリストによって使用されるBMP車を破壊し、空港周辺の重い機関銃を破壊して特別な活動を行った。

一方、アブ・カマル市の市民筋によれば、地元住民の一団が、テロリストのフセイン・アルジャイア(Ausaja al-Ajaj)に加えて、ISILのいわゆる「アル・ザカートの王子」、アル・マヤディーンのテロリスト「アブ・マリアム」を殺したという。 Abu Othman "とテロリスト" Abu Fatima al-Maghribi。 "

SANA / MNA

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Sayyed Safied... テロリズムの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。