goo

急いとデスパレート:USギンズラッカで激突アップ

急いとデスパレート:USギンズラッカで激突アップ

私の2016年11月7日9時16分


テヘラン(FNA) - ラッカ、シリアのISILの自己宣言首都で、この時間を - 中国ショップでの急いで、雄牛では、米国と単なるエキストラは再び自分の野望を打ち砕くことにしました。

ペンタゴンアームチェアの戦士からの声明は、米国の空爆によって裏打ちされたシリアのクルド人とアラブの力が事実上の資本に対する攻撃を開始したことを確認します。大きなアイデアは、それがイラクのモスルで攻撃を受けて既にある場合ISILに圧力を最大化することです。これはすべての小さな急いと絶望的なようであれば、それは次のようになります。

1-急ぎの大きな欠点の一つは、そのような長い時間がかかることです。ラッカを取るためにシリアの国境を越え東西の進歩は、ワシントンと、同社はまだイラクでモスルの操作を完了することができていないという事実にもかかわらずです。

2-二正面作戦はISILは、したがって、彼らのを減少させる、両方の脅威に対処するために彼らの戦闘力を分割することを余儀なくされることを期待して、同時またはほぼ同時に2つ以上の別々の力によって実行されている2つの地理的に離れた前線、で行われます成功の確率。問題は、ISIL力のみラッカに駐留されていない、です。

 3オバマ政権の策略は、サラフィー・ジハード主義グループとの戦いの口実にシリアに汚れた戦争を延長することです。それはアレッポの街を解放するためにシリア軍と同盟国によって継続的な軍事作戦を遅延させることが含まれます。このように、米国は、東西の前進を続ける前に、モスルの操作を完了する必要はありません。これは非常に低いですが、彼らはラッカで勝利をスケジュールする - シリアがする前に。オバマ大統領はまた、民主党は次期大統領選ヒラリー・クリントンに彼のお気に入りのノミニーを支援するための入札で支配的な外交政策を持って示すことを意図して。

4米国の当局者は、その「適度な」プロキシ力の日数がアレッポに番号が付けられていることを知っています。彼らはどこか別のステーションにそれらをする必要があります。US-課さ飛行禁止区域のカバーの下に - 今、公然とアルカイダに同盟非常グループ - 彼らは「適度な」反乱軍の事実上の首都としてラッカを確立したいです。地域の他の部分で下劣な同じのより - この方法では、米国はまた、国の恒久的な軍事的プレゼンスを確立することができます。

5モスル操作は、複数ヵ月持続することが期待されており、米政府当局者からのコメントは、彼らがラッカがさらに大きく、長く不快になると信じ示唆しています。彼らはシリアのISILへの攻撃が非常に多く、米国によって編成し、米国主導の空爆に依存していることを信じるように私たちをしたいと思います。これはナンセンスです。それはイラン、シリア、ロシア、ヒズボラの提携は、そのプロキシgoonsとの戦争に勝利したことが明らかになったとき、米国は介入することを決めました。

ラッカ攻勢の6-開口部はそれと軍事困難を超えてもよい政治的合併症をもたらします。トルコは、ラッカは、クルド労働者党(PKK)のシリアの腕でYPG、によって支配力に落下する必要はありません。言い換えれば、トルコはその手の上に座っていないであろう1984年以来、トルコに対してゲリラ戦を戦ってきました。

現在の状況の複雑さにもかかわらず、それは彼ら自身が放火されている場合は、プロwarmongersは、シリアの火を消すことができないことを実現するために、まだそんなに難しいことではありません。彼らの行動を見て、まだ彼らの戦術を校正するという決定は、人道主義であると信じてするのは難しいです。

急いと絶望的な攻撃はパワープレーをどうするISIL、すべてを取り除くとシリア軍の足跡を保つとは何の関係もありません。この新たな策略のあまのじゃくな本質は完全に戦争を長引かせるとワシントンの不法な利益を保護するためのものシニカルな計算に基づいています。恐ろしい結果をもたらす - これははるかに醜悪取得すること、その後、驚くべきことではありません。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イエメンはサ... ソースはアレ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。