goo

米国とロシアの停戦協定が南西シリアで効果を上げる

米国とロシアの停戦協定が南西シリアで効果を上げる

 
Tyler Durdenの画像
TwitterFacebookReddit
 

シリア南西部の米国とロシアの仲介による停戦は、6年間のシリア戦争の平和を回復させるための最新の国際的試みであるロイターよると数時間後に行われた。日曜日の正午ダマスカス時(09:00 GMT)に南西部のシリアで発効したこの休戦は、西側の反逆者が領土と領土の支配を支配するデアア、クネトゥラ、スエイダ州のシリア政府軍と反乱グループに及ぶ。ダマスカス首都圏南部の反乱の中心を形成する。

先週、米国、ロシア、ヨルダンは、トランプとプーチンの最初の会合の直後、戦争に援助を提供する堅固な停戦の道を拓くための停戦合意と「脱エスカレーション合意」に達したと発表した。引き裂かれた地域と最終的な敵対行為。それは3国の軍隊によって強制されるでしょう。

 

シリアの人権天文台は、ロイター通信に対して、日曜日の正午に停戦が始まって以来、南西部で空爆や激しい衝突がなく、「静かであった」と述べた。

 
 

Quneitra地域のAlwiyat al-Furqan反乱グループの広報担当者Suhaib al-Ruhailは、「状況は比較的穏やかである」と述べた。Deraa市のもう一つの反政府幹部は、重大な戦いはなかったと述べた。ヨルダンとの国境付近のマンシヤの主要戦線では静かだった。彼は、最近数週間で最も重い軍の爆撃の場所であったと言いました。デラアの証人は、空に戦場を見たり、正午から戦闘を聞いたことがないと言った。

これとは別に、シリアの関係者は、ダマスカスが停戦協定を承認したことを指摘し、政府の沈黙を「満足の兆し」として説明した。

<iframe src="http://www.dianomi.com/smartads.epl?id=2381" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="NO" width="100%" height="114"></iframe>

政府当局者は、「火災を止め、平和的解決の道を開くためのあらゆる措置を歓迎する」と述べた。


2017年7月8日、シリアのクネリトラにある空中戦闘機の銃の近くで、シリア軍の無料戦闘機を解放。

しかし、これまでのところ、シリアの停戦合意が実施されたのは初めてではなく、特にシリアの代理戦争が昨年、アサドの恩恵を募っていたことで崩壊しただけである。ロシアの助けを借りてアサド政府は昨年、反政府勢力を後ろ足に乗せた。さらに、トルコ、米国、湾岸君主制で支持されているジハード主義勢力や他のグループを含むほとんどのスンニ派の反政府勢力は、カタールの外交スキャンダルを受けて潜在的に支持を失い、サウジシリアの反政府勢力に物資や財政的支援を提供し続けています。

* * *

ハンブルクで開催されたG20首脳会議でドナルド・トランプの問題を議論したウラジミール・プーチン大統領は、ロシアとの協力についてワシントンの「より実践的な立場」によって可能になったことを指摘し、停戦協定を「ある程度画期的だ」と述べた。停戦がどのように地上で行われるかについてはほとんど分かっていないが、状況を安定させるためにロシア、アメリカ、ヨルダンの部隊が配備されることは理解されている。

「第1段階では、ロシアの軍事警察だけでなく、アメリカ人やヨルダン人も停戦の対象となるこの脱エスカレーションゾーン周辺の安全を確保するだろう」とラヴロフ氏は説明する。

トリプルは日曜日に停戦に取り組み、「我々は人類を救うシリアの一部で停戦交渉を行った。今、ロシアと建設的に協力して前進する時が来た!

...We negotiated a ceasefire in parts of Syria which will save lives. Now it is time to move forward in working constructively with Russia!

 

この協定は、プーチン大統領との初めての会談で外交的な成果をあげているように見える、シリア戦争の最初の平和構築努力を、米国政府がトランプの下で示したものである。 

ロイター通信よると、セルゲイ・ラブロフ外相は、停戦合意では、「ロシア、ヨルダン、米国は、シリアの主権と領土の完全性、そして政治的和解への道を開く国連安全保障理事会の決議にコミットしている」と明確に述べているまた、「人道的なアクセスを確保し、地域の野党とヨルダンの首都で確立されている監視センターとの接触を確立する」と述べている。


シリア陸軍の無料戦闘機は、2017年7月8日、シリアのクネリトラで部屋の中に休息しています。

国連はまた、シリアのこの部分に永続的な平和をもたらすためになされた国際的な努力を高く評価していると述べている。"これは正しい方向への一歩だ"と、シリアのRamzy Ezzeldin Ramzy国連副大臣は、ロイター通信によると、ダマスカスで記者団に語った。「これがすべて政治プロセスを支えることにつながる」と彼は付け加えた。

覚書の下で、政府軍と武装勢力との間のすべての敵対は安全地帯で中止するべきである。イスラム国家とジャブハット・アル・ヌスラを含む極端なグループは、イスリブ、ラタキア、ホムスの都市とアレッポの一部に設置されている治安部隊の中位の反対から分離される。チェックポイントと観測所は、安全区域内の脱エスカレーションラインに沿って設置され、武装解除されていない市民や保証人の管理下にある地域への人道的なアクセスは自由に行なわれるべきである。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍の暴... ホムスでのす... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。