goo

フム・マオーラム:シリアは、デエスカレーションプランに従うことに

フム・マオーラム:シリアは、デエスカレーションプランに従うことに

ニュースID:1402007 サービス:世界
月、09、2017 - 0:04
ワリド・モオーラム地方に会いました

テヘラン(Tasnimは) - シリアの外務大臣は、彼の政府は長い間反乱軍はまた、それを見られるように、「デ・エスカレーション」ゾーンのロシア案の条項を遵守することを月曜日に言いました。

ワリド・アル・Muallemは、プロセスに関与する反政府勢力は、彼らがかつてNusraフロントを含めジハード主義派閥の制御明確な領域を助けなければならないこと、および契約の保証人は、彼らがこれを行う助けなければならないことをテレビ放映記者会見で語りました。

デエスカレーションゾーンの契約は、カザフスタンの首都アスタナでの停戦交渉の最後の週の間に、トルコやイランからの裏で、ロシアによる仲介し、金曜日の深夜に発効したが、一部の戦闘は、これらの地域で続けていました。

「そ れは領域が本当にデエスカレートになるまで、これらのゾーンからNusraを追放するために停戦協定に署名したグループの責務である。それは保証人はこれ らの派閥を支援するためのものです」と、彼は反乱-開催イドリブ県に特異的に参照する、と述べましたジハード主義グループが存在していた場所として、ロイ ター通信が報じました。

Muallemは、ジュネーブの国連の後援の下、別の平和トークプロセスが進行していないと述べました。政府は反政府勢力で追求しているローカル「和解」の取引はそれに代わるものだった、と彼は言いました。

このような取引は、包囲戦術を使用して民間人に課されるものとして反対によって批判されています。国連は、これらの契約の一環として、一部の人々の避難を強制変位の形であると述べています。

Muallemは、デエスカレーションゾーンで、国連や他の「国際力」のいずれかのために何の役割もないと述べたが、ロシアは軍警察がオブザーバーの役割を果たしていると述べていたことを、更なる詳細を与えることなく、言いました。

デエスカレーション領域を設定先週、ロシア、イラン、トルコが署名した覚書は、これらの国の力がコンセンサスでセキュリティゾーンの管理を確実にするでしょうが、特に軍事警察は言及しなかったと述べました。

シリアに国連事務総長の特使、スタファン・デ・ミストゥーラ、のための広報担当者は、これらの発言についてコメントを控えました。

関連のニュース

月、08、2017 - 13:50

ロシアはUNSCにシリアのデエスカレーションゾーンに決議案を提示します

月、07、2017 - 12時59分

シリアでのデ・エスカレーションゾーン上の取引が有効になります(+アスタナ覚書のテキスト)

月、06、2017 - 17時11

ロシア、イラン、トルコ、6ヶ月間シリアデ・エスカレーションゾーンを確立します。覚書

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  シリア軍のミ... リーダーが攻... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。