goo

テヘラン、アンカラとモスクワ間の合意は、シリアを安定させます

日2017年5月14日6時23分PM
イラン、ロシアとトルコは、シリアのデエスカレーションエリアの設立に関する合意の保証です。 ©AFP
イラン、ロシアとトルコは、シリアのデエスカレーションエリアの設立に関する合意の保証です。©AFP

八日、イラン、トルコ、ロシアとの間の合意の締結後、モスクワは、シリアの情勢が安定していたことアスタナサミットで発表しており、その静けさは、国に君臨しました。

シリアでのエスカレーションの4つの分野の状況は声明の中で日曜日5月14日、ロシア国防省に発表し、安定しています。

シリアの停戦の監視を監督する三極委員会へのロシア代表は、過去24時間の間、ラタキアでダマスカス、2州の停戦違反の4例を記録し、浜省の二人は、ロシア今日のテレビチャンネルを報告しました。

委員会のトルコ代表は、その一部について、ハマ、イドリブとDeraaの地方での違反の3例を報告しました。

以前は、Daechによって制御される地域で停戦違反の事例を報告していました。

イ ラン、ロシアとトルコの間に6ポイントが締結合意によると、第4ラウンドでシリアシリアの交渉プロセスの保証国は、アスタナ、カザフスタンの首都で 2017年5月4日4つの分野を開催しましたデエスカレーションはすぐに暴力を停止し、難民の自発的かつ安全な帰還のための条件を提供するために、東 GhoutaとDeraaで、イドリブ、ホムスの州で作成されました。

紛争当事者間のすべての軍事対立の停止は(プロアサド軍と停戦に参加した相手)、人道支援への住民のアクセスが、インフラ、医療を再構築します医療や難民の帰還は、契約に定められました。  

塩は、「安全領域」は共同で開催された監視制御センターや駅でのこれらの「ディエスカレーションのゾーン」の周りに形成されたプロジェクトである「コンセンサスに基づいて保証人の国の力、」AFP氏は述べています。 

文書は、トルコ、イランとロシアは契約の保証人になり、彼らが主人公で、文書の署名の5日以内に「合同ワーキンググループ」を作成することにコミットしていると述べています。彼らは主人公のためdésescalades領域の作成の枠組みの中で、必要な措置をとることを約束しました。

これらの措置はDaech、アル=ヌスラ戦線とすべての関連会社グループとの戦いを継続することを目指しています。そして同時に、停戦に反対グループに参加するための努力が継続されます。  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロシアのレー... ハッサン・ナ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。