goo

ラブロフは基文とケリーシリアの危機に論じ

ラブロフは基文とケリーシリアの危機に論じ

モスクワは、SANA-ロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフは、国連事務総長潘基文で火曜日にシリアの状況について議論しました。

スプートニク新機関は、電話の呼び出しで、双方が議論することを声明でシリア危機と中東・北アフリカ情勢を含む国際重要な問題を、話として、ロシア外務省を引用しました。

同じ文脈で、ラブロフは、シリアのテロ組織に、空気力システムを含む、武器を送信するためにワシントンの承認が新しい犠牲者につながることを確認しました。

ラブロフは、米国国務長官ジョン・ケリーとの電話通話で、オバマの政権がロシアとの関係を妨げる目指し、カーテンの後ろから、働きどのように受け入れられないと述べたことが、ロシア外務省はRTによって引用された声明の中で述べました米国。

ロシア外務省は、双方が12月20日に防衛やロシア、トルコとイランの外相の間で開催された会合の光の中でシリアの和解に到達するための手段議論と付け加え番目を

マゼン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イランは、ア... Zakharovaは、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。