goo

原油価格下落の原油高騰の原動力:イラン石油相

原油価格下落の原油高騰の原動力:イラン石油相

ニュースID:1443011 サービス:エコノミー
 2017年6月21日〜15:15
بیژنزنگنه

テヘラン(Tasnim) - イラン石油相Bijan Namdar Zanganehは、米国の原油生産量の予想外の上昇が、最近の原油価格の下落の原因だと述べた。

「原油価格の下落の原因は、米国の石油生産の予期せぬ増加である」と、ザンガネは水曜日のテヘランでの閣議の副議長について記者団に対し語った。

過去数年間で、米国の石油生産量は1日約90万バレル(bdp)上昇し、これは石油輸出国機構(OPEC)が予測した以上のものだと付け加えた。  

石油相はさらに、イスラム共和国がこの問題の決定について他のOPECメンバーと協議中であると述べた。

メディアの報道によると、米国の原油生産高はOPEC主導の削減を弱め、昨年の生産は10%以上増加した。

 
 
 

関連ニュース

 February、07、2017 - 16:38

イランのFM、ベネズエラの代表団、石油価格論議

 2017年1月15日〜19時26分

原油価格は2017年に遥かに揮発性である:IEA

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 世界の覇権争... イランは、サ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。