goo

シリアのホムスで500人以上の過激派は市民生活に戻ります

シリアのホムスで500人以上の過激派は市民生活に戻ります
世界
3月29日、11:49 UTC + 3 彼らは武器を放棄していると知事ホムス省のタラル・アル・Baraziが言った、普通の人のように完全な権限を付与されます
シェア
©  あなた経由染色

HOMS /シリア/ 3月29 / TASS /。ホムスのシリアの都市の北部郊外で約530過激派は、武器を捨てると平和な生活に戻ることにしました。すべての残りは家族と一緒に次の6週間以内に国の北部に輸送され、ホムス省、タラル・アル・Baraziの知事は、記者団に語りました。

(165キロ離れてダマスカスから)アルWaer、都市ホムス北部の郊外で武装ユニットの離脱の第二段階は、今週始めました。この地域の一部の過激派は、シリア大統領のアサドによって宣言された恩赦を利用し、法執行力によってチェックされることに同意平和な生活に戻ることにしました。

また読みます
ロシアのトップ外交官は、イラクの戦場で敗北を苦しんでテロリストを強調します

「政府として、私たちはここに滞在する過激派を説得しようとしましたが、彼らはこれを行うにはしたくなかったので、彼らが残している、」知事は言いました。「約530それらのここに滞在します。彼らは武器を放棄していると、普通の人のように完全な権限を付与されます。」

数百過激派とその家族のメンバーがal-Waerエリアを出て、バスでシリア北部イドリブ県に向かったてきました。彼らの多くは、自分の自由意志の闘士に参加しませんでした。

シリア軍大佐、サミール・イブラヒムによると、過激派のほとんどは、このエリアにネイティブではありません。「彼らは、村を押収して民間人を恐怖に陥れ、人々の家を占領し、今、私たちは最後にホムスのこの郊外のうち、それらのすべてをきれいにします。その中で自分の親戚を落ち着い、」彼は安心しました。
シリアの停戦協定におけるロシアの役割

ホムス知事は、停戦にロシアの努力のおかげで実現することが可能であったと言ってシリアの紛争当事者の和解のためのロシアセンターが果たした重要な役割を強調しました。彼は、過激派撤退のプロセスは約50日かかります、と付け加えました。

大佐セージ・ドロザン、和解センターのスポークスマンによると、武装勢力との交渉は厳しいでした。「共通言語を見つけることは困難だったが、我々はすべて同じことをやっている。彼らの撤退やルートが安全であることを確認することが非常に重要です。ホスト国が対処する準備ができていることを確実にするためにも重要です人々は。ロシア軍が住民やアル・Waerエリアと船団の動きから非合法武装グループのメンバーのための安全な出口の保証人として行動する、」と彼は説明しました。

また読みます
デMisturaはジュネーブ会談を脱線を目的としたホムスのテロ攻撃を言います

一部の過激派は、自分の腕を持つエリアを残しています。契約書の条項によると、彼らは彼らと一緒にそれのために1つのアサルトライフルや雑誌をもたらすことができます。。私はいくつかの50%がさらに戦闘に参加すると、再び過激派を再結合しますが、残りの半分はうまくいけば、彼らの武器を売るとする可能性がある、新しいを開始すると信じています。 - 「(TASS過激派が戦闘を再開できることを)恐れがあります。人生、」Drozhzhinが追加されました。

以前のレポートでは、アル・Waerでローカル休戦協定の実装は最初の段階では3月18日に始まったことを、当局に降伏することを拒否した423人の過激派が地域を離れ、Jarablus、トルコとの国境の町に運ばれたと述べました。その家族や民間人を含む1056人の合計は、彼らと一緒に残しました。

アルWaerから過激撤退後、ホムス、違法武装グループから完全に解放されます。州の知事によると、会談は約10キロ北ホムスの位置アルラスタンサーガとTalbisehの都市からの反対のメンバーを引き出す上で進められています。


More:
http://tass.com/world/938150

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« トランプは、... シリア軍はダ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。