goo

シリア軍はアレッポでのテロリストに対する進歩を作り続け

シリア軍はアレッポでのテロリストに対する進歩を作り続け

水曜日2016年10月12日

シリア軍はアレッポでのテロリストに対する進歩を作り続け

Alwaght -Syrian力が切断年後の領域に復元されているインターネット付きの外資系テロリストからアレッポの複数の領域を解放し続けます

シリア軍と同盟は、アレッポで包囲下外資系テロリストを入れているし、以前の国の敵に壊滅的な打撃となるものでテロリストによって占められる領域をキャプチャするために態勢を整えています

ロシアの空軍の支援を通じ、シリアは特に激戦が現在アレッポの街のテロ開催された地域を奪還するために起こっているの北、中、全国のテロリストからの戦略的分野を解放するために管理しています

アレッポは、シリア第二の都市は、最前線の戦場なって、東に西および外資系テロリストで政府軍との間で2012年以来、分割されています

最新のレポートは、シリア軍がブスタンアル・バシャとスレイマンアル・ハラビィ地区のファタハハラブ管理区域をターゲットに、火曜日にアレッポの東のセクター内部の別の強力な攻撃を開始したことを示しています

東アレッポからの予備的な報告によると、Liwaaアルクドゥスパレスチナの抵抗運動に裏打ちされたシリア軍はブスタンアル・バシャ内部のいくつかの建物をキャプチャしています。さらに、彼らは着実にテロリストとの激しい戦いの中で北に推進しています

スレイマンアルハラビィでは、シリア軍はHarakat NouriddeenアルZinkiの制御下にある戦略的な水のポンプステーションを奪還するために今朝、別の攻撃を開始しました

 

シリア政府は、民間人を保護します

一方、シリア外務省は東部アレッポに住む市民の生活にその熱心さのために、政府は、言う、エリアを離れ、まともな生活のニーズとそれらを提供したい人の安全を確保するための完全な準備を表現

シリア政府はまた、と言って、その法的地位を決済するか、選択する他のエリアに向かうべき領域を残しておきたい武装勢力の安全性を保証します

政府は、ソースによると、また負傷東部アレッポへの普通の生活のリターンと市民のニーズを確実にする状態サービス機関の仕事の再開のために必要な医療とそれらを提供する避難を保証します誰が東部アレッポに滞在したいです

ソースは、アレッポ県では、この目標を達成するための任意の取り組みを議論するシリア政府の準備を肯定、このプロセスを確実にするために、いくつかの安全回廊を割り当てられているとは言い続けました

 

アレッポインターネットが復元します

テロリストに対する進歩へのポインタは、それが出ているこれらのサービスの年以下のアレッポ県にフル容量のインターネット通信サービスを復元することに成功したことをシリア通信技術省の発表です

省は、加入者のインターネットの速度がすぐに停止する前から、元の速度に戻ることを火曜日に声明で述べています

同省はシリアテレコムはアレッポは時間をかけて将来のニーズを満たすようにするために割り当てられたゲート数を増加させるために働いていたことを追加して、加入者が新しいゲートを申請することができますと付け加えました

 

欧米のメディアは、テロリストによって残虐行為を無視します

その他、ロシア今日のジャーナリストは、アレッポの学校や病院を訪問し、政府支配地域に外資系テロリストの迫撃砲やロケット火によってバラバラた子どもたちを目撃しています

月曜日の夜に、複数のモルタルシェルが上陸した政府支配西部アレッポのために落ち着きました

シリアの通信社、SANAは、シェルはアル・Hamadaneyah周辺をターゲットととして犠牲者の正確な数はすぐに明らかではないものの、少なくとも4人が殺害されていると他に14人が負傷したと述べました

RTのムラドGazdievはアレッポの病院で無差別火災のぞっとするような余波を見ています。ハッサン、聴覚障害者とミュート生まれた10歳の少年は、砲撃で足を失ったが、彼は生き残るために十分幸運でした

シェルが上陸したとき、彼はアル・Hamadaneyahエリア内の他の男の子と遊んでいた一昨日の前に、「ハッサンの親戚の1を説明します。「男の子の一つが完全に引き裂かれた、私の甥は、彼の足が吹き飛ばされていました。」

病院は負傷し救急医療を提供する能力の危機にひんしと過密であると思われます。彼らが不足しているようではない誰もが鎮痛剤を取得します

しかし西部のアレッポで反乱軍の砲撃の下で命を危険にさらして民間人の試練は、欧米のメディアで多くの報道を得ることはありません

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イラン、イン... シリア:Gov't... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。