goo

立ち向かった人々、ISとモスル市民/中 「洗脳」からの解放 子供のケア、未来守る

立ち向かった人々、ISとモスル市民/中 「洗脳」からの解放 子供のケア、未来守る

毎日新聞2017年7月14日 東京朝刊



モスル近郊の避難民キャンプの子供たち。IS支配下で受けた「洗脳」を解くことが、子供たちの未来を守ることになる=イラク北部ハジルで1日、篠田航一撮影


 識字率が8割程度のイラク。学校に通えない子供もいる。国連機関で勤務経験もあるアヤド・サレさん(40)は2003年、イラク北部モスルを中心に活動するNGO「イラク開発機構」で働き始めた。就学しない子供たちに事務所で字を教える日々。それが一転したのは14年6月、モスルに過激派組織「イスラム国」(IS)が進軍してきた時だ。

 約80キロ東方のアルビルに逃れ、集合住宅地の一角にNGO事務所を移した。その後、子供たちがIS支配下のモスルで「洗脳教育」を受けている実態を知り、学校で使われている教科書を入手した。「(1991年の湾岸戦争、03年のイラク戦争で、それぞれイラクに侵攻した)米国のブッシュ大統領父子には多くの前科があります」「(ISに忠誠を誓ったナイジェリアの過激派組織)ボコ・ハラムの叔父に会いに行きます」といった英語の例文。「87人の戦闘員を3カ所に同人数配置します。1カ所あたり何人ですか」などの算数の問題。これを判断力の未熟な子供たちが習っていた。

 集中的に洗脳の対象とされたのは6~10歳くらいの児童で、銃の扱い方など「軍事訓練」も受けたという。モスルから逃げてきた子供たちに、サレさんは「君が教えられたことは、他人を傷付けることかもしれないね」と諭し続ける。

 国連などから出る運営費は月額約3000ドル(約34万円)。多くはない資金から、心理カウンセラーなど専門家の手配も行う。ISによる広場での処刑を見せられた子供たちをケアするためだ。

 スタッフ数人の中に一人だけモスルに残った男性ジャーナリストがいた。自宅のパソコンからサレさんにISの情報をメールで送っていたが、やがて連絡が途絶えた。後に「処刑された」と聞いた。パソコン所有を許さないISに見つかったらしい。「私も身の危険を感じる。でも亡くなった彼の分まで、私は働く使命があります」

 「子供たちの洗脳を解く。そしてISの蛮行を一つ一つ記録に残す。それがイラクの未来を守ることにつながると信じています」【アルビル(イラク北部)で篠田航一】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« トルコ進む粛... ビデオ:ロシ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。