goo

Sayyed Nasrallah:米国はISISを創設し、地域諸国にテロリスト集団への資金提供を許可した

Sayyed Nasrallah:米国はISISを創設し、地域諸国にテロリスト集団への資金提供を許可した

 

(/・ω・)/ ナスララー、大好きー

 

  

ヒズボラのナスラッラ事務総長は、イスラエルで起きたことがウンマ全体の運命に影響を与えていることを踏まえ、モスルの勝利は素晴らしいとし、ISISテロリストに対する一連の勝利を上回ることを強調した。 

Sayyed Nasrallahは、2014年のモスルのISIS侵攻は著名で、多くのイラク人がイラク人がテロリストと戦うための歴史的な呼びかけ(ファトワ)を後回しにして、イラク人をイラク人に苛立たせ、失望させたと述べた。

ヒズボラの指導者は、アヤトゥラ・システィニのファトワがイラク軍を失望と不満状態から脱却させ、ファタワがイラク軍と治安部隊を奨励し、数十万人の人々を押し進めたことを指摘し、人気動員部隊(PMF) ISISの戦いに参加する若者。

Sayyed Nasrallahは、ISISの侵攻の直後にイラクにイラクのイラク共和国にすべての形態の援助を提供し、IRGCの役人がISIS戦闘でイラク軍を支援するためにバグダッドに来たと付け加えた。

Sayyed Nasrallahはまた、イラク軍が外国の規制に従うことを拒否し、ISISとの戦いの意思を失望させ、勝利に貢献したと強調した。

イスラム教スンニ派の聖職者たちがISISで戦争が宗派主義であったという主張を反駁するために戦いを繰り広げたSayyed Nasrallahは、イラク人が国家統一に立ち向かい戦いに巻き込まれたとき、ISISを倒すことができたと述べた。

Sayyed Nasrallahによれば、イラク軍はイラクの他の地域の治安を回復するために、ISISとの戦いを継続しなければならないとしている.Syyed Nasrallahによると、イラク、シリア、全域でタクフィリ団体を完全に根絶するチャンスがあるという。

Sayyed Nasrallahは、米国の当局者は、オバマ政権がISISを樹立し、イラク軍に対するアメリカの援助が議論の余地があると認めていると述べた。

ヒズボラのチーフは、アヤトゥラ・サイード・アリー・システィニ、イラク暫定政府のハイドラル・アル・アバディ、そしてISISを倒すために犠牲を払ったすべてのイラク人を祝福した。

Sayyed Nasrallahはまた、Imam Sayyed Ali Khameneiが率いるイランのイスラム共和国、そしてモスルの勝利でイラク人を支持したすべての人々を祝福しました。

ヒズボラ事務総長は、アルザールの不毛のテロリストは、その地域で自殺爆弾の一部が準備されているため、レバノン全土の主要な脅威であると主張し、そのようなテロリストの危険性が排除されるべき時期だと付け加えた。

「Arsalのテロリストがまだ提供決済を放棄し、承認する短い時間を持っており、これは私がこの問題に取り組む最後の時間である、」セイイド・ナスララ「それは私たちが過激派組織の脅威に終止符を打つ時のことだ

。」「我々は、レバノンが、シリアのラクカ市で指揮官が命令したテロリストの脅威を心配している」と述べた。

ナスラリ師は、アルザールの町を解放した後、レバノンのすべての領土を統制すると付け加えた不毛。

ヒズボラのチーフはまた、アルザールの不毛のタクフィリ族と戦うための強力な努力とレバノンの軍隊と治安機関に、テロリストの細胞とその全国の支配者と資金提供者を逮捕した。

Sayyed Nasrallah氏は、これらのセルと自爆テロの可能性があった場合、レバノンは厳しい経済状況と治安情勢に苦しみ、アルザールで行われたヒズボラとレバノン軍が行ったことが、テロリストを減少させた脅威。

Sayyed Nasrallahは、シリアの難民がレバノン全域に広がっていると考えており、このファイルはすべてのレバノンの部署を圧迫している。

ヒズボラの指導者は、レバノンとシリアでの道徳的、社会的、経済的配慮のためにこのシリア難民の危機を終わらせるために、レバノン政府にシリア当局とのコミュニケーションを促すよう求めた。

Sayyed Nasrallahは、外国の援助を受けるためにシリア難民の災害を延ばそうとする地元の試みを拒否した。

国内では、Sayyed Nasrallahは、治安や社会経済的問題に取り組むために政治機関を活性化させることを要求し、政府へのヒズボラ支援を強調した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリアの難民... バルチック艦... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。