goo

シリア陸軍第4師団がDaraaから再展開

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベラルーシ、レバノン(12:50 AM) - 第4機械化部門のシリア・アラブ軍(SAA)エリート第42旅団(Ghiath Forces)は、シリアのダマスカス首都ダラオ県を離れることを命じられた。

同部隊の役員によると、第42旅団は、シリア南部の不可欠な前線に配備される前に、短期間ダマスカスに入港する予定である。

警察官は、第42旅団が、ゴラン・ダマスカス国境付近のベイト・ジン(Beit Jinn)や、「タリンとヨルダール」の東ダマスカス郊外に配備される可能性が高いと付け加えた。

 

第42旅団はこれまでの前戦の両方に配備されました。しかし、彼らは、ジハード派の反政府勢力がダーラア市の中で大きな攻撃を開始した後、取り戻された。

 
この記事を共有する:
  • 98
  • 1
  • 99
    株式
 
 
また、  クルドの警察官がマンビジ市でイスラム教の州の隠れ家を発見
 
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Idlibの最大ジ... シリア陸軍部... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。