goo

シリア戦争報告 - 2017年7月12日

シリア戦争報告 - 2017年7月12日:軍隊が東部ダマスカスで戦闘保留地域を分けることを目指す

...サウスフロントから

シリアのアラブ軍(SAA)と国防軍(NDF)は、ダマスカス郊外のジョバール地域とザマルカ地域を分離しようとしている。彼らはM5高速道路に沿って進み、その過程でいくつかの建物を捕獲したと主張した。Ayn Tarmaでもクラッシュが続いています。Faylaq Al-RahmanとHayat Tahrir al-Shamは、この地域のSAAとNDFに反対する2つの武装グループである。

SAA、NDF、および他の元政府の派閥は、パルミラの田舎のISISテロリストからガス田付近の丘を含むal-Haylガス田のエリアを完全に解放した。

SAAとその同盟国は、今月初めにアルハイエルガス田に入り、アルハイリのガソリンスタンドを奪取し、ISIS部隊を激しい戦闘で拘束した。火曜日、政府軍はその地域を完全に支配し、ガス田を見下ろす丘を押収した。しかし、ISISはフィールド上で反撃を試みた。激しい戦いが進行中です。

ISISは、パルミラ・デア・エーゾルの高速道路に沿って山岳地帯に一連の強みを設定しました。これらの強硬ポイントは、政府軍が戦略的町Sukhnaに到達しようとする際の妨げとなった。

このビデオは、Deir EzzorのISISに対する政府の予想される活動に参加すると推測されている元政府系の部族戦闘機の大量偵察機を示すオンラインで登場しました。報告書によると、約4000人の部族戦闘員が前進に参加する。しかし、この数字は過大に見えます。

ロシアの軍事顧問、ニコライ・アファナソフは、ハマム県の武装勢力からのモルタル砲撃の結果として殺害された、とロシア国防省が火曜日に述べた。船長はシリアの地上軍を訓練することを任されました。彼は死刑判決を受けた。公式声明によると、34人のロシア軍兵士がシリアでの操業開始以来殺されている。

シリア民主軍(SDF)とラクカ市のISISの間で激しい戦闘が続いた。米国が率いる連合空軍と砲兵に支えられた自衛隊の部隊は、ラクカ西部と東部のISIS防衛線で市内中心部に到着し、アル・フィルダウ通りを経由して2つの部分に分かれようとしている。ISISは米国支援の進歩に対抗して狙撃兵や自爆テロを使用している。

一方、自衛隊は、米国の支援を受けたグループ内で初めての女性アラブ大隊を設立した。最近作成された大隊はアラブ女性のために殉教者アマラ大隊に命名されました。この動きの宣言された目的は、シリア東部のISISテロリストと戦い、女性の権利を保護することです。アラブ女性のための殉教者アマラ大隊の創設は、ロイダ・セイヤー(SDF現地司令官)が月曜日に正式に発表した。

関連記事:

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« thier故意の政... VTはそれをま... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。