goo

シリア 軍は する 使用 すべての 軍事 手段を する 撃退 米国の 侵略を

シリア 軍は する 使用 すべての 軍事 手段を する 撃退 米国の 侵略を

Read more: https://sputniknews.com/middleeast/201610111046214582-us-aggression-syria-army/

アレッポの反政府勢力に進めるシリア親政府軍兵士は2016年10月6日にブスタンアル・バシャ周辺を開催しました

2016年11月10日(更新午前14時45分2016年10月11日) 短いURLを取得


シリア軍は、米国、シリア国防省内のソースから生じる侵略を撃退するために、すべての軍事的手段火曜日にRIA通信社に語ったを展開します。



蘇34

©スプートニク/マクシムBLINOV ロシアの国防委員会は、シリアの批准航空グループの展開をお勧めします


ダマスカス(スプートニク) - 米国のメディアは、オバマ政権は、アレッポでシリア軍の運用を妨害し、政治的和解を交渉するために大統領バシャールアサドを強制しようとするシリアの軍事目標に対する空爆を検討していたことが今月報告しました。

「シリア軍はその土地、国や政府を擁護することを躊躇しないだろう。それは、米国の空爆を撃退するために、すべての軍事機能を使用するか、または任意の他の米国は、シリアに対する侵略をコミットしようと、 "ソースは言いました。

「しかし、我々はまた、米国がシリアとロシア、シリアの軍事協力の現在のロシアの存在を考えると、シリアに対する任意のストライキを行う前に二度考えるだろうと信じて、「ソースが強調しました。

ロシア国防省は、S-300防空システムのバッテリーはタルトゥース港の海軍施設を保護するためにシリアに配信されていただけでなく、ロシアの軍艦がシリア沖に展開することを先週言いました。

また、シリア政府軍が武装勢力からアレッポを解放する彼らのキャンペーンを遅らせないであろう、ソースが追加されました。

"我々は、軍がプロセスを遅らせることなく、アレッポの最も早い制御を取ることを目的とした独自の戦略を持っているの...アレッポでこのような状況はドラッグしないであろうと信じて、"ソースは言いました。 シリア政府軍によるアレッポの進歩は、他の地域でテロリスト間の内部対立を引き起こしている、ソースは述べています。

「アレッポでのテロリストの窮状が困難であると、さらに、彼らはさらに大きな問題を満たしています。

これが原因で損失にアレッポ、イドリブとハマでのテロリストグループとの間で開始する紛争によって証明され、「ソースは言いました。

シリア軍が停戦の多数の違反の過激派を非難、9月23日の一週間の停戦の終結を宣言した後、政府軍、jihadistsとアレッポで数々の過激派グループの間で戦いが激化しました。



反乱軍に空爆がURMアル・Kubra町、西部のアレッポ市、シリア2016年9月20日に開催された後、破損した援助のトラックが描かれています

©REUTERS /アマルアブドラ デイルEZ-ZOR米国空襲で殺さ80以上シリアの兵士 - シリア大統領補佐官


シリア軍がアレッポを解放した後、デリゾール、ラッカとイドリブに向かって進みます、ソースは言いました。

したがって、シリア軍の戦略は間違いなく、これらの領域に焦点を当てますデイルEZ-ZOR、ラッカとイドリブ最高軍事的、政治的リーダーシップが最終的に優先されるかを決定しますが:「私たちにとって最も重要なタスクは現在、3州です。方向、 "ソースは言いました。

高レベルの関係者は、そのトルコの国境に近いとJabhatファタハ・アル・シャム(旧アル=ヌスラ戦線)ステージング領域としてそれを使用して過激派グループのイドリブの重要性を指摘しました。ラッカはデリゾールの南東部の都市から油を抽出し、密輸を通じて部分での事業資金を調達しDaeshの事実上の首都、です。

Read more: https://sputniknews.com/middleeast/201610111046214582-us-aggression-syria-army/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アレッポ良い... Update3-軍は... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。