goo

PPSF:ISIL、アル=ヌスラ戦線はすぐ南ダマスカスを残すために

6月18日午前5時54分

PPSF:ISIL、アル=ヌスラ戦線はすぐ南ダマスカスを残すために
テ ヘラン(FNA) - フロント(PPSF)カルド・アブデルマジッド ISILの終了時に合意し、ヤルムークから(もファタハ・アル・シャムフロントまたはレバント解放委員会として知られている)アル=ヌスラ戦線と述べ、パ レスチナ人気の闘争の事務局長難民キャンプとハジャル・アル・アスワドはすぐに有効になります。

ア ラビア語ハダス新聞は、関連するシリア政府機関とアル=ヌスラ戦線とISILの代表者との間で開催された、いくつかの会議を参照するものとして Abdelmajidを引用し、「、言ったテロリストグループの撤退地域に、特別にRaqqaとその周辺地域に、によるセキュリティや軍事上の理由に延期 されました。」

彼はまたヤルムーク、ベイトSAHM、ヤルダーとバビラからアル=ヌスラ戦線の出口がすぐに行われることを述べました。「これはヤルムークからアル=ヌスラ戦線の撤退は、患者の退出とKafrayaとFu'aaの町から負傷者とその家族と同時に行われるべきであるように、4つの町に関連する他の協定の実施にリンクされています。」

Abdelmajidも名前関係当局に送られてきたヤルムークとハジャル・アル・アスワドに2000に達したISILのテロリストの数は、これらの過激派の600がキャンプに駐留していることを追加すると述べました。「のみ130のAl-Nusraテロリストが残存している間です。」

彼は南ダマスカスからのテロリストの明確な撤退を強調し、そして多くの infightingsがISILリーダーアブー・バクル・アル=バグダーディーに忠誠をしていたとに居住している人の多くを引き起こしているISILと アル=ヌスラ戦線の間で行われたことを言いましたハジャル・アル・アスワドとその周辺の町は、ダマスカス軍に降伏した後、ハジャル・アル・アスワドのまま に恩赦のために、関連する職員を依頼します。

セキュリティの源は政府軍が首都の近くに敏感で、大規模な軍事作戦の準備をしていることを開示したとして、土曜日に関連した開発では、シリア軍がダマスカス州に援軍の数百人を送りました。

「シリア軍がテロリストからJobar地区を奪還するために、すぐに大規模な軍事作戦をキックオフする予定で、」セキュリティの源は述べています。

ソースは、ダマスカスはシリア軍のミサイルや大砲ユニットが連続して地域におけるテロリストの防衛ラインをターゲットにしている間、重要な前に軍と軍事装備を派遣する準備の最終段階にあることを言うようになりました。

この地域を取り戻すことで、テロリストがもはや彼らのロケットや迫撃砲シェルで首都を襲ったことができなくなりますので、「Jobarはダマスカス政府にとって非常に重要です。

シリア軍と空軍は、テロリストに大きな損失を負わせ、南西部と南東部ダマスカスで(もファタハ・アル・シャムフロントまたはレバント解放委員会として知られている)アル=ヌスラ戦線を襲撃続けました。

軍の兵士は、ダマスカス市内のアル・Maqrouseh南西部の村のマルワン・ノース(丘)タルのAl-Nusraとの激しい衝突に従事しました。

一方、軍の航空機が殺害し、テロリストの数を負傷、ダマスカス市内のBa'arアルQasab東南アジアのRajmアルSarikhi域東部の数倍のテロリストの位置を打ち砕きました。

戦闘機は、その間、軍の位置やダマスカス市の住宅地を対象とするテロリストによって使用されたJorbar地区に多額のアル・Nusraの拠点を爆撃しました。

州内の関連する動向では先週、軍の部隊が東部ダマスカスの他のキー町の外Jeishアルイスラムテロリストを駆動するために管理しました。

軍の部隊が東Ghoutaでテロリストとの厳しい戦いに従事し、HawshアルDawahraの町を捕獲しました。

軍のソースが、その間、Hawshアル・Dawahraの制御を取った後、軍の男性は9つの農場の制御を取って、アル・Bakiyeh-Duomaに向けた新たに解放された町の西部の農場でテロリストの防衛ラインを襲撃したと述べました。

16以上のテロリストが死亡し、さらにいくつかは、軍の操作中に負傷しました。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ISILはメイン... 東の浜にある... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。