goo

ロシア日報:モスクワ、アメリカの外交官を追放し、米国の資産を押収

Tue Jul 11、2017 2:55
 
ロシア日報:モスクワ、アメリカの外交官を追放し、米国の資産を押収
 
テヘラン(FNA) - 主要ロシアの新聞によると、モスクワは30人の米国外交官を追放し、ロシアのいくつかの米国資産をタトゥー・フォー・タットで奪取する計画を実施する可能性があると報じた。

イズベスチアの新聞によると、この措置は、2016年12月以来、大使館の財産を拘束しないというワシントンの決定に対して報復として採用される。 

この問題は、G20サミットの間、ロシアのプーチン大統領とドナルド・トランプ米大統領の最新かつ最初の会合に引き続き未解決のままである。

このような状況の下で、モスクワは30人のアメリカの外交官を追放し、ロシア連邦の米国財産に対して報復的な制裁を科す。

サンクトペテルブルグでは、ロシア副大臣のSergei Ryabkovと米国のトーマス・シャノン(Thomas Shannon)の間で会合を開く予備的合意がある。妥協がなければ、我々はそのような措置を講じなければならないだろう」とロシア外務省の関係者はイズベスチアに語った。

2016年12月の終わりに、バラク・オバマ前米国大統領は、ロシアで働く「選挙への干渉」と「米国外交に対する圧力」の趣旨で、反ロシア制裁を採択した。とりわけ、米国はロシアの外交上の財産である2つの住宅団地であるニューヨークのロシアの常設使節団とワシントンのロシア大使館へのアクセスを禁じている。

 











Tue Jul 11、2017 2:16
 
クリスチャン・ハシュド・アル・シャビ司令官:イラクの米軍事基地はない
 
 
(/・ω・)/ イラク万歳

 
テヘラン(FNA) - ハシュト・アル・シャビ(イラクのボランティア軍)のクリスチャン司令官は、厳しい日にイラクへの援助を避けてワシントンを爆破し、米国はアラブ諸国に軍事基地を設立することは決してできないと語った。

「今日、我々は、米軍がイラクの領土をわずかにも解放していないことを目の当たりにしており、米国主導の連合軍がハシュド・アル・シャアビに対する一定の措置や攻撃を目撃したとしても、ISILシェイク・リャン・セイラム・アル・カルダニ氏は火曜日に述べた。

イラク政府が米国の援助を要請したにもかかわらず、ワシントンは何の同情も見せず、ハシュド・アルシャービ軍にもさまざまな分野の解放を遅らせることさえした。

アル・カルダニ氏は、「イラクの土地に軍事基地を設けることは決して決してできない」と強調した。

ハシュド・アル・シャバイの司令官は、日曜日の関連発言で、米国は、ISILテロリスト集団が全滅した後もイラクに軍事的プレゼンスを維持するつもりだ、と述べた。

「米軍は軍隊や内務省など安全保障体制に助言を与える軍事顧問として手術室にいるが、ハシュド・アル・シャアビーではアメリカ人が必要ない」と司令官は述べた。

イラクとシリアの国境にブラックウォーターの治安部隊が配備されているという噂については、中央政府はその存在に同意したが、ブラックウォーターは国境を管理したりISILと戦う権限はないという。

イラクにおける米国のプレゼンスは、ISIL時代以降の特別捜査の練習と練習を目的としている」と指揮官は警告した。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ダマスカス:... ISILは、最終... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。