goo

Jaafari:カタール、リヒテンシュタインドラフト決議偽善

Jaafari:カタール、リヒテンシュタインドラフト決議偽善

 国連バシャール・アル・Jaafariにシリアの常駐代表
 

国連でシリアの常任代表、バシャールJaafariはカタールとリヒテンシュタインによって渡された決議案は、シリアに対する攻撃をリードする国の偽善を証明していると述べました。

水曜日に国連総会のセッション中に、Jaafariはシリアの戦争犯罪に関する証拠を収集するために、パネルを設定するために呼び出す解像度を非難しました。

決議案は、「それが(危機の)政治的解決と(国で行われている)国民和解を弱体化させることにあるシリアに対する攻撃をリードする国の本当の意図を示すように偽善を証明し、「Jaafariは、アセンブリに語りました。

シリア特使一方、解像度がテロ対策に役立つせず、むしろ、それを保存すると述べました。

Jaafariは、それが外国の寄付金から資金を供給されるので、解像度がバイアスされることに留意しました。

この文脈では、シリアの外交官は、テロが原因でいくつかの州で採択され、間違ったポリシーに欧州諸国を脅かしていると警告しました。

国連総会は52棄権で、15から105の投票によって水曜日に決議を採択しました。

リヒテンシュタインによって調製尺度は、米国、フランス、イギリス、イタリア、ドイツだけでなく、地域の大国トルコ、サウジアラビア、カタールなどの58カ国が共同後援しました。

出典:アル・マナール

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  マウラヴィナ... ヒズボラ:ア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。