goo

MacronはRaqqaの解放がDaeshに対する戦争の終わりではないと言う

 

Raqqa

MacronはRaqqaの解放がDaeshに対する戦争の終わりではないと言う

20.10.2017)短いURLを取得する
635318

フランスは常に中東問題に積極的に関与しており、テヘリストからDaeshの拠点であるテロリストが解放されたことを米国主導の連合が宣言した後、15Mlnの資金を割り当てることにした。復旧努力のためのユーロ。

【パリ2日ロイター=共同】イスラエルのエマニュエル・マククロン大統領は22日、シリアのテロリストに対する闘争が終わったことを意味するわけではないと述べた。

その日の早い段階で、クルド人とアラブ民兵の米国に支持されたシリア民主連盟(SDF)同盟は、シリアのラクカ市での大武装勢力に対する勝利を発表した

 

マクロンによれば、シリアの安定と復興は、軍事作戦自体と同じくらい重要である。テロリストの主な原因として、フランス大統領は、「シリア大統領のバシャール・アサド政権による民主化運動の抑制」の理由から、政権移行がより重要となったこれまで以上に。

 

もっと読む:Raqqaの解放は、米国がDaeshのリーダーを退去したという報告によって傷ついた

マクソンはまた、中東のデシェを破壊するキャンペーンが重要な段階を克服したことを指摘し、連立政権が支持している自衛隊の勝利を歓迎した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 米国は、世界... ハンガリー国... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。