goo

DM:イランは米国の侮辱を受け入れない

Wed Jul 12、2017 4:12
 
DM:イランは米国の侮辱を受け入れない
 
イランのホセイン・デカン(Hossein Dehqan)准将イラン国防相は、アメリカの当局者の侮辱を免れないことを強調し、反米派のイランの発言で米国のマッティス氏を爆発させた。

デフカン将軍は、「米国人が私たちに対して何らかの訴訟を起こしたり、代理人を雇うことを意図したときはいつでも、彼らが彼らの行為を後悔させることを証明した」と述べた。

「イランの国民は、いかなる権限による屈辱、侮辱、脅迫も容認しない」と強調した。

Dehqan将軍はまた、火曜日、マーティスが敵対的な発言をしたと非難し、彼がイランから離れるように注意した。

「米国の国防長官と与党は、内政問題を解決し、現在の米国政権がこれからは崩壊する根本的な原因を研究し、重大な挑戦である」とDehqan将軍は述べた。

彼は、このような発言は、米国の傲慢な態度の結果であり、他の国々を無視していると付け加えた。

最近のコメントでは、米国とイランが実質的に肯定的な関係を築くには、政権交代が必要だと主張している。

「イランの人々がこの神権を取り除くことができるまで、候補者がどれを選ぶかを人々に伝えることができると思う人たち。非常に困難になるだろう」とマティス氏は語った。

Mattisによれば、イランとの関係を改善することは特に難しいだろう。彼は、イランは本当に民主主義ではないため、いかなる可能性のある和解も難しいと主張した。

今日、彼はテルアビブからカイロへの中東のすべての人が、イランは引き続き重大な問題であると言いました。彼は、国の影響が、シリアのバシャール・アル・アサドの権力維持を助けていると主張し、ホーチミン反乱軍に弾道ミサイルを供給してイエメンの紛争を拡大し、引き続き自らの人々を殺害した。

「イランは確かに中東における最も不安定な影響力である」マッティスはマーサーアイランド高等学校の島民に語った。

イランの政権を交渉テーブルに強制し、経済制裁を使ってヒラリー・クリントンに再与党した。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Intl。企業は... イラク軍、シ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。