goo

シリア空軍、東浜のISILのポジションをポンド

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>


(/・ω・)/頑張れーシリア軍


ベイルート、レバノン(9:30 AM) - シリアのアラブ空軍(SyAAF)は、今週中部シリアで空爆を続け、浜中の東部郊外のイスラム国家(ISIL)を標的とした。

ホムス地方から飛行してきたシリアのジェット機は、今朝10回以上の空爆を実施し、浜前支部のイスラム国家拠点であるウクライナの町の周辺でいくつかの目標を打ちました。

SyAAFは、ハマの東部でシリア軍(SAA)部隊が動員されているため、イスラム国家に対する解決策を弱めるためにイスラム国家に対する空爆を強化した。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

特に、空爆では、Uqayrbatが対象となっています。Uqayrbatは、イスラム国家の主要な供給ラインに沿って配置されています。

 
この記事を共有する:
  • 18
  • 4
  • 1
  • 23
    Shares
 
 
また、読んでください  :東レバノンの終わりに近づくHezbollah攻撃、捕獲するために残された2つの領域
 
 
近東問題と経済学を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イランは衛星... 記事のタイト... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。