goo

米国と英国は核兵器を象徴的に禁止することさえ認めないだろう!

Sat Jul 08、2017 11:34
 
米国と英国は核兵器を象徴的に禁止することさえ認めないだろう!
 
テヘラン(FNA) - 推定129カ国は、核兵器の世界的禁止条項に署名する準備ができており、これは初めての条約であり、20年以上にわたる第一次多国間核軍縮条約である。

残念ながら、実際の軍縮はまったく含まれません。それは、地球上に核兵器を持っているすべての国が、NATO同盟全体とともにこの努力をボイコットしているからです。大多数の国は静かに会議を無視してきたが、米国は特に、「現実的ではない」とし、米国が他の核保有国を脅かすことはないと言っている達成された。
 
したがって、最終的な文章は、大部分が象徴的ですが、少なくとも世界的な軍縮運動には少しの勢いを加えています。今後の加盟国は、加盟前に一方的に武装解除するか、特定の軍縮計画に同意するかのいずれかに義務づけられます。
 
明らかに、米国政府は信頼の問題を抱えている。それは鏡を見ることを拒否し、それを最も裏切るものに会うことを拒否します:米国政府自身。タイミングは悪くはありませんでした。これは、イスラエルの核兵器について正式な「懸念」を表明したであろう決議に国際原子力機関(IAEA)にも賛成票を送り、核拡散防止条約(NPT)に加わるよう求めたのと同じ米国政府である。
 
もはやイスラエルに秘密裏に核弾頭を作るための材料と専門知識を販売した英国を含め、米国とそのNATO同盟国は、イスラエルが核兵器を保有する可能性があるとしている。彼らは、IAEAに対し、激しい中東の真の問題はイランであり、イランの取り引きがまだ行われている間にイスラエル共和国に言及することも不適切であると言っている!
 
これは、人類に対する最も大きな脅威である核兵器が非拡散条約を危険にさらし続けている間です。ワシントンとロンドンの政権は、大量破壊兵器プログラムを放棄しようとする意図を宣言することさえ気にしていない。まったく反対に、彼らは国際法と彼ら自身の安全に対する莫大な無関心で新しい核をテストし続けている。
 
要するに、米国と英国は、新たな核兵器競争(特にロシア)や世界的な核兵器禁止への追い込みの失敗に対して、他の人たちを非難する時間を無駄にしないということです。武装解除を拒否する者は、確かに、疑わしい核心のアマゲドンのクレムリンに、口実を払ってメッセージを伝えるだろう。
 
これは米国から期待されることですが、1945年に日本の人々に対して実際にそれらを使用した唯一の国家であり、依然として主張されている敵に対して最初のストライキ戦略を維持している国である。また、英国は、同じことをしている他の核武装国からの実存的な脅威に対処するために、核兵器システムを近代化し、増加させていることを口実で明らかにする。英国は、フランス、パキスタン、インド、イスラエルがそうしているため、核兵器を更新する権利があると主張している。
 
誰も核兵器を撤廃する意図はない - 象徴的にさえ!彼らはすべて戦略的防衛のために彼らに頼っていると主張しており、これらの破壊的な武器を持たない様々な攻撃に対して脆弱です。破壊や荒廃の危険性が高いにもかかわらず、核兵器を積極的に保有し、必要に応じて準備を整えることを好む。
 
擁護団体を含む核兵器国と禁止勢力の支持者の両方が、手を差し伸べて信頼を回復しなければならない理由はすべて、核兵器国は、核兵器を持たない国との交渉や対話、そして潜在的には新しいフォーラムを通じた禁止を支持することができる。彼らは原子力リスク、特に危機的なコミュニケーションと結果管理に取り組むために協力し合うことができます。核爆発の人道的影響に関する議論と研究は、特に原子力分野の専門家のために継続すべきである。現在のNPT審査サイクルの一環として、核兵器国はこれまでに支持してきた段階的なアプローチを更新したり、条約第6条を遵守する計画を立てる新しいモデルを開発することができる。
 
とりわけ、NPTは優れたリーダーシップを必要としている。トランプ政権が世界の原子力秩序にどのように関与するかは依然として不明であるが、彼は前任者ほど関与していないと思われる。NPTは核兵器国間の会合を通じた核軍縮、核拡散防止、原子力平和利用などのNPT柱を強化するという目標に向けて引き続き努力する指導者が必要であるため、この離脱は危険な時に来る核兵器を保有していない国々へ、そして非拡散イニシアチブの推進を続けている。要するに、NPT共同体は、世界の核秩序の将来についてのビジョンを持つリーダーを必要としている。核兵器国間の会合、核兵器国以外の国への派遣、核兵器国への派遣など、核軍縮、核拡散防止、原子力平和利用のNPT柱を強化するという目標に向かって努力する指導者が必要である非拡散イニシアチブを引き続き推進しています。要するに、NPT共同体は、世界の核秩序の将来についてのビジョンを持つリーダーを必要としている。核兵器国間の会合、核兵器国以外の国への派遣、核兵器国への派遣など、核軍縮、核拡散防止、原子力平和利用のNPT柱を強化するという目標に向かって努力し続ける指導者が必要であるため非拡散イニシアチブを引き続き推進しています。要するに、NPT共同体は、世界の核秩序の将来についてのビジョンを持つリーダーを必要としている。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« モスルの解放... アサド大統領... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。