goo

シリア軍、ヒズボラはISILに対する共同運用をを起動するには

シリア軍、ヒズボラはISILに対する共同運用をを起動するには

2017年5月10日14時12分
 

 

十分な情報に軍事ソースは、シリア軍部隊とレバノンのヒズボラ抵抗運動は、中央シリアISILに対する切迫した大規模な操作を実行する準備をしていることを明らかにしました。

ソースは、デエスカレーションゾーン契約が他のエリアに移動するために戦争に見舞われた全国の戦闘機の数百人を解放として軍の部隊とヒズボラの力が中央シリアの大規模な操作に参加すると発表しました。

ヒズボラの戦闘機は、彼らがシリア・レバノン国境にセキュリティの回復にも非常に重要な役割を果たしてきたことを追加し、ソースは下線、アレッポ県の反テロ作戦で、東ホムスで大幅軍の兵士を伴っています。

3月下旬、ヒズボラやシリア軍部隊は、テロリストの数を殺す含め、北西部ダマスカスの町で(もファタハ・アル・シャムフロントまたはレバント解放委員会として知られている)アル=ヌスラ戦線の重い攻撃をオフfended司令官。

Flitah町のシリア軍の位置に失敗した攻撃でのフィールド司令官を含めたAl-Nusraテロリストのスコアは、殺されたと、より多くが負傷した、Arsal山の西部アルQalamounと東でワディ・アル・Oveiniの南西部。

ヒズボラの砲撃とミサイルユニットもArsal山にワディ・アル・Khailとワディ・アル-DABでのテロリストの位置をヒット。

ヒズボラの攻撃の後、レバノン軍も同様にArsal地域のAl-Nusra位置に大砲攻撃を開始しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イスラエルの... 米国が支援す... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。