goo

シリア - CIA吟味 "反乱軍"町の外チェイス米軍

シリア - CIA吟味 "反乱軍"町の外チェイス米軍

ソース

2016年9月16日

WSJによると、米国は、合意された参加するトルコとそのプロキシ力によってシリアのさらなる侵入を:

米国はシリア北部にイスラム国家と戦うためにトルコ軍と一緒に動作するように、約40特殊操作の部隊を派遣することに合意した、米政府当局者は語った。
... 
合同ミッションがDabiq、象徴重要なイスラムの北部のシリアの町に向かって東に力がかかります状態の牙城。その他の特殊-operations軍がシリア内部の作業をしているとして、米国特殊作戦部隊が同じガイドラインの下で、一般的に戦闘顧問として動作しますが、米政府当局者は述べています。
... 
アンカラは最初として先月末にトルコ軍に伴う米国の特殊-operations軍のアイデアを提案しましたそれはJarabulusのシリアの北部の都市への合同ミッションを計画しました。

一つは、合理的にトルコの侵略の中で米軍の計画的存在は、それに対するロシアやシリアの移動を阻止する唯一の目的を持っていると仮定することができます。ロシアのコマンドの周りに米軍とロシアとの契約の国境を越えて任意のトルコの前進を爆撃する前に二度考える必要があります。

アルRa'iにいくつかの40米特殊部隊の展開がうまく行きませんでした。トルコの「自由シリア軍」プロキシは、米軍を殺すと脅しました。彼らはそれらを呼ばれる「不信心者」「十字軍の豚」と米軍がトルコのカバー(下退却していたビデオ)。一部の金融庁の広報担当者は、後に紛争が時間にFSAと戦っていたクルド人支配自衛隊、米国の支持体上にあったことを主張しました。未確認の報告は現在、特定の金融庁のグループはエリア外に発注された後の特殊部隊が戻っアルRa'iであると言います。あります報告 主張特殊部隊が町の外に追われた後、米国を、「偶然」アルRa'iにいくつかのFSAグループを爆撃しました。メールで送信。

しかし、敵対FSA力は前後になるだろうと米国特殊部隊は明らかに彼らの敵として見られています。米軍は、他のFSAのグループと一緒に続行すると彼らは確かに任意およびすべての回で自分の背中を見てする必要があります。

トルコ語サポートされている宗派間の「中程度」FSAグループは、CIAが「吟味」とTOWミサイルや他の武器を提供してきた非常に同じグループです。しかし、だれも宗教的な熱意によって駆動されるような基は、最終的に彼らのスポンサーをオンにすることを驚いてはいけません。彼らは1つが考えることができ、それぞれの歴史的並行して行ってきました。

シリアの現在の停戦は、すでに破壊されています。ロシアとシリアはアルカイダに国連の援助をブロックしていることを米国のメディアの主張は東アレッポで地域を支配したが、他のメディアが言う「反逆者」は船団を脅かすものであること。東アレッポアルカイダのデモでは集会(開催VIDを国連の援助に対して)。

ロシアは米国は停戦協定の条項にごまかすしようとしていることを言うと、完全な調和を公開するために米国をプッシュします。それはされてブロックされた国務省によって:

木曜日に、米国国務省報道官マーク・トナーは、契約の全文が公開されることはありませんシリアの停戦にロシアで働いていることをワシントンで記者団に語りました。「それは公表は、潜在的に悪用されることができれば、我々は信じている敏感な問題に対処ん "と彼は言いました。

翻訳:「用語が公開されている場合は契約でカンニングをすることはより困難です。」

米国サポートされている反対勢力はハマ上とアレッポ市北部の新しい攻撃の準備をするために停戦を使用しています。私はそれらは来週の初めに開始する予定。彼らはシリアとロシア空軍によって準備された防御と猛烈な攻撃を満たしています。

11時26分AMに2016年9月16日にbで掲示される| 固定リンク

オーストラリアはまた、シリアの兵士を殺害&違法シリアの上を飛んで関与します

シリアの兵士数十人が死亡した米国主導の空爆に関与オーストラリアのジェット、防衛確認

オーストラリアの航空機がイスラム国家の戦闘機のために明らかに間違えていたシリアの兵士数十人が死亡した米国主導の連合操作に関与していた、国防省は確認しています。

戦っていた62と83シリアの兵士の間で過激派が伝えられるシリアの東のデイル・アル・ZOR軍用空港の周りの空爆で殺されたIS。

「オーストラリアの航空機が、この連合の操作に参加している国際的な航空機の数の中にあった、「国防省は声明で述べています。

「オーストラリアは、意図的に知られているシリアの軍事ユニットをターゲットにしたり、積極的にDaesh(IS)をサポートするだろう。防衛は、この事件で殺されたり負傷した任意のシリア職員の家族にその哀悼の意を提供しています。」

ロシア軍は、以前の2つのF-16とイラクが実際の攻撃を行っ隣接からシリアの領空に飛んだ2つのA-10ジェットを述べました。どちらのタイプは、RAAFでの動作であると記載されています。

ロシアはそれが停戦が失敗する原因の「適度な反逆者」と呼ばれるものを非難したとしてストライキは、シリアの5年間の内戦で流血を止めることを目的とした脆弱な停戦に週未満が来ました。

ソース

ワシントンは、シリアの平和を拒否します

ワシントンは、シリアの平和を拒否します

スティーブンLendmanによって

 
エンドレス戦争、シリアの不安定性とカオス、地域全体および他の場所では、ワシントンの帝国議題を提供しています。平和はそれを破ります。
 
ロシア/米国と呼ばれる以前の記事では、ばかげた停戦の条件に合意しました。戦争は、彼らが月曜日に実施された前よりも集中的に激怒します。
 
モスクワの最善の努力が再び失敗しました。ワシントンで和解し難い不和が残ります。土曜日には、ロシアの国連特使ヴィタリー・チュルキンはラブロフとケリーは、変化の無い希望に満ちた兆候とシリア、これまでに無益の練習に関する協議を続け、来週総会セッションの傍観会う予定だと述べました。
 
どちらかといえば、意味のあるものは何もかかわらず公表いるものの達成ません期待しています。ロシアは外交的紛争解決を望んでいます。アメリカはアメリカの属国に変換シリア、破壊された主権、親欧米派の傀儡ガバナンスに置き換え、そのリーダーシップを望む、無限の戦争を意図しています。
 
シリア軍は毎日、米国が支援するテロリストの違反の数十にもかかわらず、停戦条件を観察し続けます。そのカスティージョRdのから必要に応じて以前の彼らが撤退しました。位置 - 援助は必死に貧しい人々にお届けできるようにセーフゾーン人道回廊を開きます。
 
シリア軍が原因続けテロ攻撃の戻りました。シリアの次長セルゲイKapitsyn、一晩金曜日のロシア和解センターによると、「テロリストグループは、いくつかの迫撃砲や光MACHINEGUNSとシリア軍部隊のポジションを砲撃し、「真剣に2人の兵士が負傷。
 
「(T)Oカスティージョ、シリア軍の前の位置の過激派「政府軍の襲撃とキャプチャ」を防ぐ...展開(ED)カスティージョ地域内の3箇所に力 " - 重要な防衛策。これまでのところ、政府軍は停戦条件を観察し続けます。
 
9月17日には、ファルスニュースは化学兵器を持つ2つの北部のアレッポ県の村を砲撃ISISのテロリストを報告しました。アフリン病院の医療スタッフは、有毒な化学物質中毒に苦しむ被害者を報告しました。
 
別にファルスニューステロ戦闘機の数百人を募集し、イスラエルの諜報工作員報告- 「主に(一緒に)ファタハ・アル・シャムシリアとイスラエルの国境からの... "
 
彼らは、「オファー(編)多額の金...シリア政府と戦うために(a)の新しい力に参加する "してきた - ファルスニュースは消息筋はアル・サフィールを言った引用します。
 
イスラエルの目的は、「(る)シリア政府軍と戦うために武装勢力の新たな軍隊を確立する。」である国粋イスラエルの戦争大臣アヴィグドール・リーベルマンが支援し、それらの保護に関与しています。
 
イスラエルKulanuパーティークネセトメンバーアクラムHassonによると、「(ワット)eがすべての面から、村内で担当している人から情報を得ている、ファタハ・アル・シャムはイスラエルから前例のない支援を受けて動作している組織の戦闘機がで進めているので、イスラエル軍は、以前にシリアの位置を爆撃していたし、組織が それがイスラエルからなってきた物流や医療支援に加えて、それらの位置を保持しているそれらの場所。 "
 
「リーバーマンが率いるこの新戦略は...ファタハ・アル・シャム(テロリストグループ)を強化し、私たちの兄弟を攻撃するためにその頭を上げています。」
 
彼はすぐにファタハ・アル・シャムフロントのサポートを停止する」と言って、リーバーマンに挑戦しました。それは私たちが団結時間だ、と私はKhadrで私たちの兄弟が屠殺される前に緊急会議を開始するために、すべてのMKSとシェイクMuwafaq Tarif率いる宗教指導者を呼び出します。待機する時間はありません。」
 
イスラエルとワシントンの帝国議題と同盟他のならず者国家は外交的手段によってシリアでの紛争解決が達成不可能にします。
 
土曜日に、プーチンは、有利には、それを使用して、沈黙のジュネーブ政権を観察することができない「テロ勢力は、再編成しようとしている(している)」と述べました。
 
彼はワシントンの外交的に物事を解決する上でロシアと協力して喜んの兆候にもかかわらず、希望に満ちたままです。intractably紛争の両側に - 両国は世界の離れたまま
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アリFayad(ヒ... ロシア FMの ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。