goo

シリア軍、Raqqa-Deir Ezzur BorderでのISILのポジションに近い人気の同盟国

 2017年7月28日3:44
 
シリア軍、Raqqa-Deir Ezzur BorderでのISILのポジションに近い人気の同盟国
 
テヘラン(FNA) - 前政権の部族戦闘機と24時間の空爆で支えられたシリア陸軍は、Raqqa州のISIL南東部への進撃を続け、Deir Ezzurとの州境に接近した。

軍のタイガー・フォースは、アルカイダ州南東部のアル・サクハとアブ・ハマドの町の間にあるすべての丘陵地帯を確保し、アル・サクハ、シュラディーダ、アル・ジャバリ、カーニム・アル・アリの町を制圧したすべてユーフラテス川の西側の堤防を横切る農業ベルトに沿って位置しています。

軍の筋によると、シリア軍がこれらの町に入り、正式に彼らを解放すると宣言するのは、ちょうど時間の問題であると付け加えた。

関連報告は、陸軍がラクカ州南東部でISILの地位を維持し続け、井戸の近くのサラム・アライコム村を奪取した後、アル・ジャリ油田とガス井を支配したと関連する報告書。

軍事筋は、ラクカ州の南西部の領土を支配した後、2つの主要な側面から東方に進んでいると報じた。

筋によると、最初の陸地では、軍隊がユーフラテス川とRaqqa-Deir Ezzur道路の南岸に向かって進んでいたという。

2番目の側面では、軍隊の兵士は、Deq Ezzur北西部とのRaqqa州の国境に向かって進んでいたと、情報筋は、自治政府軍が州境からわずか9km離れていたと付け加えた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  レバノン・シ... イスラエルの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。