goo

アル・カディリ:テロリズムと強硬な経済措置がシリアの農業生産に影響する

アル・カディリ:テロリズムと強硬な経済措置がシリアの農業生産に影響する

 

ローマ、サナ - イタリアで開催された国連食糧農業機関(FAO)第40回会議にアフマド・アル・カディリ農業大臣を率いるシリア代表団が参加した。

アル・カディリ氏は、火曜日の会議での演説で、
シリア農業分野への支援を増やし、同国における農業生産の開発と支援に貢献する持続可能な開発プロジェクトを実施するよう国際機関に要請した

大臣は
、シリア国民に課せられた一方的な強制的な経済対策に加えて、シリアとその国民を対象とするテロ戦争は、すべての部門、特に農業部門に損害を与え、食料安全保障に悪影響を及ぼしたと指摘した

シリア政府は
、気候変動による挑戦に加え、テロリズムに起因する現状の悪影響を緩和するために農民を支援することで、シリア政府が農業分野を最優先課題としていると強調した

Al-Qadiriは、シリアがほとんどの農産物の自給率を達成し、輸出のために余剰量を生産したと主張して、過去30年間にシリアの農業状況を概観した。

7月8日に終了した196の国と100の政府および非政府組織がこの会議に参加した。

H.Zain / Hazem Sabbagh

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロシアの国防... ダマスカス田... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。