goo

シリア軍は、同盟国は、シリア・ヨルダンの国境地域で攻勢を再開します

シリア軍は、同盟国は、シリア・ヨルダンの国境地域で攻勢を再開します

2017年8月4日19時34分
 

 

シリア・アラブ軍(SAA)とその同盟国は、シリアの南西部の砂漠地帯で動作して自由シリア軍(FSA)過激派に対する攻撃操作を再起動しました。

今日では、SAAと他のプロ政府軍はDabiyah峡谷エリアとその近くの丘の上だけでなく、ワディ・アル・Sawt峡谷エリアを確保し、FSAの過激派に対するヨルダン国境向かって前進しました。両サイトは、南Zulufダムの位置しています。

これは、FSAの過激派がエリア内SAAポジションの攻撃を開始した後、SAAとその同盟国によって新たな攻勢努力が来ています。親政府操作の全体の性質が報復です。

これまでSAAは、今日5キロを進んでいると軍事ソースは攻勢は南Dabiyahのプロ政府軍のセキュアシリア・ヨルダンの国境地帯まで続くことを言います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  Houthi力がSa... 衛星画像はデ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。