goo

シリアに関するロシア、イラン、トルコの外相会談

左から右:イラン外相モハマド・ジャバード・ザリフ、トルコ外相Mevlut Cavusoglu、アンタルヤのSergei Lavrov外相会談(Photo by Alexander Shcherbak / TASS)
<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ダマスカス、シリア(6:45 PM) - ロシアの通信社TASSによると、ロシア連邦、イラン、トルコ、トルコの外相は、トルコのアンタルヤ市で日曜日に会見した。

アンタルヤでトルコのメフルート・カブソーグ外相は、ロシアの同僚、セルゲイ・ラブロフとイランのジャバド・ザリフと会談し、今後のシリアの協力について話し合った。
閣僚会議は、シリアの危機の解決と11月22日のソチで予定されているルーソ・イラン・トルコ共同首脳会談の準備に特化している。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="336" height="280"></iframe>

ミーティング中にメディアは許可されないが、会談は主に3カ国がシリアで維持している脱エスカレーションゾーンの状況を中心に展開すると予想される。特に、脱エスカレーションプロセスに参加していないテロ組織、Hayyat Tahrir al-Sham(HTS)が非常に活発であるIdlib Governorateは、議題になると予想されている。

脱エスカレーションゾーンは、アスタナの平和プロセスの結果であり、シリアとシリアは、中東の反政府勢力の徐々に和平と軍縮が行われるべきであるシリアで安全なゾーンを作ることに合意した。

さらに、閣僚は、シリア国家対話議会のためのアイデアと計画を交換し、11月28日にジュネーブで予定されている新たな協議を予定している。

 
この記事を共有する:
 
また  、シリアで1,250のISIS目標を打ち切ったロシアの飛行機を読む
 
 
 

歴史家はアラブの歴史、イスラム研究と地政学的分析に特化しています。
ベルギーに拠点を置く。

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« マティス大統... Breaking:シ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。